読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life + Chemistry

化学の講義録+大学を楽しく面白い学びの場に変える試みの記録 (北里大学・野島 高彦)

化学講義+

有機化合物の構造と名前を覚えよう2016年度版

医療工学科および看護学科の2015年度後期化学講義で登場する有機化合物の構造と名称を紹介します.化学講義第21回目以降で有機化学反応を説明するときには,原則としてここに出て来る化合物を引っ張り出します.また,後期試験の有機化学関連問題を解く際に…

高校の化学の教科書に出てくるベンゼン環の描き方

今週の化学の講義(医療工学科と看護学科)では「ベンゼン環を含む有機化合物」を扱うのですが,毎年受ける質問の一つがコレです.ケクレ構造式でベンゼン環を描くとき,「二重結合はすべて六角形のリングに内接させなければならない」という指導を高校時代に…

高校数学のlogのあたりがアレな人々向けにpHって何なのか説明するよ

1 なんでlogなどという面倒な考え方をするのでしょうか? なんでlogなどという面倒な考え方をするのでしょうか?それは,そういう数値の取り扱いをしないと非常に不便な場合があるからです.小学校以来見慣れている,「横軸に1, 2, 3,・・・, 縦軸にも1, 2, 3,…

計算問題では現実的に可能な答えかどうかをチェックしよう

計算問題で正答にたどり着くのが難しい人々の中には「そんな答え,あり得ないだろ!」っていう答えを書いている人がいます.計算問題では,まず自分の出した答えが「あり得るか,あり得ないか,それが問題だ」を考えることをオススメします. それ,水に溶か…

「有機化合物の構造と名前を覚えよう」の2014年度版では中身を入れ替えたよ!

私が担当してる医療工学科および看護学科の「化学」では,後期に有機化学をやるんですが,2012年度以降,ここでは有機化合物100個のリストを作っておいて,後期試験で有機化学の問題をやっつけるときに「名前と構造の関係」がわかっていなければならない化合…

今から周期表を覚えようとしてる医療系大学1年生はとりあえずこのあたりを第一目標にせよ

*1 元素周期表を今から覚えることにした場合,どのあたりまで覚えておく必要があるのでしょうか?元素周期表をぜんぶ暗記しなければダメ,なんてことはないですよねぇ?化学と深いつながりのある領域*2を専門にしないコースで,化学についての知識が「あればイ…

物理量を身体で理解しよう

科学でも工学でもイロイロな「量」を扱います.「長さ」とか「重さ」とか「熱さ」とか「速さ」とか.そういった量が「どれくらいのものなのか」を理解するとき,アタマだけではなくて身体で実感することが,科学でも工学でも大切なんですが,これは日頃から…

「はじめて学ぶ化学」が今年も増刷となって第3刷になりました.

2012年4月30日に初版第1刷が発行となった「はじめて学ぶ化学」が,昨年度に引き続き今年度も増刷となりました.第3刷が3月1日に発行となっています.北里大学内の教科書販売コーナーで取り扱われているものも,この版になります.念のため最終ページをご確認…

有機化合物の構造と名前を覚えよう2013年度版

第20回目の講義で配付した資料をhtml化して公開します.PDF版のダウンロードはこちらから↓ 有機化合物の構造と名前を覚えよう(PDF) 有機化合物の構造式や名称の丸暗記に労力を注ぐことは,化学の本筋ではない.化合物の名称を見て構造式を正しく書けるとか,…

「医療系の大学1年生が覚えておくとよい有機化合物100選」を選んだ経緯

一昨日,「医療系の大学1年生が覚えておくとよい有機化合物100選」をtogetterにまとめたところ,2日間で7,000を超えるアクセスがあり,正直なところわけがわからん驚いています. 医療系の大学1年生が覚えておくとよい有機化合物100選 ここに並ぶ化合物は,2…

後期試験対策に「有機化合物100選ボット」をつくったよ!

暗記ものにTwitterを使おう! 毎年,化学講義の約3分の1を有機化学に割り当てています.有機化学にはいろいろな有機化合物が登場するので,どれとどれを覚えるべきなのか迷うところです.それで,前もって「『化学を専攻しない,医療系の大学1年生』が覚えて…

有効数字と物理量の表しかたと端数の処理

有効数字の取り扱い方とか,物理量の表し方とか,四捨五入のやり方とかについて毎年毎年 何度も何度も何度も何度も何度も何度も同じことを繰り返し繰り返し質問されるので,ここにまとめておきます. 1 有効数字 掛け合わされる数値のうち,もっとも桁数の小…

大学1年生の化学で使う教科書として書いた「はじめて学ぶ化学」が発売されました.

はじめて学ぶ化学作者: 野島高彦出版社/メーカー: 化学同人発売日: 2012/04メディア: 単行本この商品を含むブログ (53件) を見るこのたび,化学を専攻「しない」大学1年生を読者に想定した化学の教科書を出版しました.執筆の機会を与えて下さった出版社は,…

コペルニシウム:112番元素 Cn

日本化学会の会員向けに配信されているニュースによれば,112番元素の名前が「copernicium」に,元素記号はCnに決まったとのことです. 決めたのは国際純正・応用化学連合(International Union of Pure and Applied Chemistry)で,コペルニクスにちなんだ命…

「物質の種類」の数が1億を突破!

世の中にはいったい何種類の物質があるのでしょうか.天然に存在するもの,人工的に作り出したもの,人類は「何種類」を知っているのでしょうか. これは私が化学の話をするときによく投げかけてみる質問です.ふだん考えることもないような質問に対して,千…