読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life + Chemistry

化学の講義録+大学を楽しく面白い学びの場に変える試みの記録 (北里大学・野島 高彦)

『科学の知識と英語を身につける』っていう本に化学の説明イラストを提供したよ!

2016年2月25日発行,臼井俊雄著『科学の知識と英語を身につける』(ベレ出版)に,気体の法則を説明するイラストを提供しました.科学の知識と英語を身につける MP3 CD-ROM付き作者: 臼井俊雄出版社/メーカー: ベレ出版発売日: 2016/02/22メディア: 単行本この…

『<新版>日本語の作文技術』(本多勝一)は文章力をもう一段階上げたい理系の学生におすすめ

本多勝一氏の『日本語の作文技術』が昨年12月に33年ぶりに改訂されたので,さっそく取り寄せて年末年始に読みました. 私はこれまでこの本を「日本語の文章の組み立て方」を分かりやすく解説した本,として学生に紹介してきました.今回一冊を通して読み直し…

竹内 健 先生の『10年後、生き残る理系の条件』は,エンジニアにも,これから就職する人々にも,工業国としての日本がどういう状況なのかを整理して理解したい人にもおすすめの一冊

竹内健先生 @kentakeuchi2003 の新刊『10年後、生き残る理系の条件』が主な読者として想定しているのは,現役のエンジニアや研究者です.「はじめに」の項に そう記されています.しかし,就職活動を控えている理工系大学生・大学院生にとっても将来のことを…

細胞の分子生物学第5版を読み始めることにしたよ!

最近の生命科学がどうなってるのか理解しようと思って,「細胞の分子生物学 第5版」を買ってきました.ちょっとした出費.しっかり読んでモトを取るよ! *1 細胞の分子生物学作者: Bruce Alberts,Julian Lewis,Martin Raff,Peter Walter,Keith Roberts,Alexan…

雪は天からの手紙

空気中の水分が凍って落ちてくるのが雪です.雪を拡大してみると様々な形の結晶が見えます.この形に興味をもって,どのような条件のときにどのような形になるのかをくわしく研究した科学者がいます.北海道大学の中谷宇吉郎先生です(1900-1962). 中谷宇吉…

今年は国民読書年:自然科学のよみもの紹介

今年2010年は「国民読書年」です.自然科学を専攻していると,資料性の高い書物をめくる機会はあるものの,一般的な書物に触れる機会は少ないものです. 今回は専門書ではない「理系のよみもの」を3点紹介してみます. (1) J. D. ワトソン,「二重らせん」 …