Life + Chemistry

化学の講義録+大学を楽しく面白い学びの場に変える試みの記録 (北里大学・野島 高彦)

医療工学科の化学講義(24)ベンゼン環を含む有機化合物

f:id:takahikonojima:20161113191105j:plain*1
さまざまな薬品が分子内にベンゼン環を含んでいます.

キーワード

m-配向性,o-,p-配向性,置換基効果,転位反応,ニトロ化,配向性

事前配布資料

前回の講義終了時に予習用の資料を配付しました.コレがテキストになってます.

講義内容要約

  • 医薬品,体内,日常生活用品のあちらこちらに組み込まれているベンゼン環
  • ベンゼン分子の構造
  • ベンゼン分子の置換反応
  • 一置換ベンゼンの配向性:先に入った官能基が2個目の入る場所を決める
  • フェノールおよび安息香酸エステルの配向性に関する有機電子論
  • 薬品の合成ルートを決めるときの考え方

関連トピック

人類は複雑な構造をもつ医薬品の合成に取り組んできました.その一例として,抗がん剤「タキソール」を紹介しました.

質問

  • 遺伝子改造などで特定の化学物質を含む植物を作り出すことはできないのでしょうか.

いまの技術では厳しい.

  • 自転車乗ってると顔が寒くてつらいです.どうしたらいいですか?

歩いて来ればおk

  • 恋の消炎鎮痛剤はあります?

新しい恋をすればおk

  • 先生は学祭で楽しかったことはなんですか?

ひ・み・つ

コメント

  • クロロベンゼンが出来るまでの過程を初めて知った.
  • o-,p-配向とm-配向の見分け方が分かってよかった.
  • 配向性など新たなことを知ることが出来たので良かった.
  • 配向性について知れた.
  • 樹皮から薬を作ることができるのか・・・
  • 有機化学はすごいと思った.
  • 有機無機は苦手です.
  • 有機は苦手意識が強いので頑張りたいです.
  • 色々な物質が出て来るので覚えるのが難しいです.
  • 反応にも名前があって覚えるのが大変です.
  • しっかりおぼえてがんばります
  • そろそろ勉強します
  • 頑張って覚える
  • 復習します
  • おもしろかったです
  • 少し分かった.
  • ねぼうしました
  • 1限はおきにくいですし,さむいのでふとんからもなかなかでれません
  • 今日は目覚めが良かったです.
  • 生活習慣を改めたい.本当に.
  • 最近トイレが近いのですが・・・
  • 学祭わーい
  • 学祭楽しみ
  • 学祭がんばりマッスル!!マッスル!!ハッスル!!ハッスル!!
  • 好きな子のπ電子雲のひろがりを動き回りたい.
  • ミラクルニキについて語って下さい.

この前テレビで「ロタキサン」という物質をとりあげていて,その構造がおもしろいと思いました.

f:id:takahikonojima:20171108173403p:plain

さがすと売ってるの見つかるかも.

出席者数推移

次回予告と自宅学習

窒素を含む有機化合物について学びます.配布物で予習して来ること.

www.tnojima.net

参考書籍

マクマリー有機化学(中)

マクマリー有機化学(中)

  • 作者: John McMurry,伊東二,児玉三明,荻野敏夫,深澤義正,通元夫
  • 出版社/メーカー: 東京化学同人
  • 発売日: 2013/02/12
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
↑『15 ベンゼンと芳香族性』,『16 ベンゼンの化学:芳香族求電子置換』,『17 アルコールとフェノール』
有機電子論解説―有機化学の基礎

有機電子論解説―有機化学の基礎

↑『16章 ベンゼンの構造と芳香族性』,『17章 芳香族の反応(I).求電子置換反応』,『18章 芳香族の反応(II).いろいろの反応』
炭素文明論 「元素の王者」が歴史を動かす (新潮選書)

炭素文明論 「元素の王者」が歴史を動かす (新潮選書)

↑『第3章 大航海時代を生んだ香り 芳香族化合物』
新化学読本―化ける、変わるを学ぶ

新化学読本―化ける、変わるを学ぶ

↑『第9章 建築家の夢が扉をあけた芳香族-ベンゼン』,『第10章 柳の樹皮から生まれた解熱剤-アスピリン』
世界史を変えた薬 (講談社現代新書)

世界史を変えた薬 (講談社現代新書)

↑『第6章 消毒薬/ゼンメルワイスとリスターの物語』,『第10章 アスピリン/三つの世紀に君臨した医薬の王者』
スパイス、爆薬、医薬品 - 世界史を変えた17の化学物質

スパイス、爆薬、医薬品 - 世界史を変えた17の化学物質

  • 作者: ジェイ・バーレサン,ペニー・ルクーター,小林力
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2011/11/24
  • メディア: 単行本
  • 購入: 2人 クリック: 128回
  • この商品を含むブログ (13件) を見る
↑『七章 フェノール/医療現場の革命とプラスチックの時代』,『十章 医学の革命/アスピリン、サルファ剤、ペニシリン』

このブログを書いている人

www.tnojima.net

もう一つのブログ

www.takahikonojima.net