Life + Chemistry

化学の講義録+大学を楽しく面白い学びの場に変える試みの記録 (北里大学・野島 高彦)

医療工学科の化学講義(25)窒素を含む有機化合物

f:id:takahikonojima:20130430041327j:plain *1

キーワード

アミド,アミド結合,アミン,第一級アミン,第三級アミン,第二級アミン,第四級アンモニウム,ニトリル,ニトロ化合物,ペプチド結合,ポリアミド

講義内容要約

  • 窒素を含む有機化合物の構造パターン:今回はアミン・アミド・ニトリル・ニトロの4種に絞った.
  • アミンは塩基.
  • 窒素を含む有機化合物の中には水素結合するものもある:DNA二重らせんとか,生体高分子どうしの相互作用だとかの基礎になっている.
  • アミンは酸と反応して塩をつくる→アミン性の医薬品に水溶性をもたせるために,酸との塩にする方法がとられている.
  • たんぱく質はアミノ酸をモノマーとするポリアミドで,立体構造にもとづく機能をもつ.
  • ニトロ基をもつ有機化合物には爆発性のものがある.

説明した有機化学反応

  • トリメチルアミン + ヨウ化メチル → ヨウ化テトラメチルアンモニウム
  • 酢酸エチル + アンモニア → アセトアミド + エタノール
  • 無水酢酸 + アニリン → アセトアニリド + 酢酸
  • アミノ酸の脱水縮合 → ポリペプチド
  • アセトアミド + 水 → 酢酸 + アンモニア
  • EtCONHEt + 水 → EtCOOH + EtNH2

事前配布資料

前回の講義終了時に予習用の資料を配付しました.コレがテキストになってます.

関連トピック

瞬間接着剤の化学

瞬間接着剤がどのようなしくみで固まるのかを説明しました.アニオン重合.

質問

  • 固まったアロンアルファを再び溶かすことはできますか?

今日紹介したDMFになら溶けるよ.皮膚に付いたのはアセトンで剥がせるよ.

  • 学祭で何が一番おいしかったですか?

ひみつ

コメント

  • 鳥が出す白いものはフンだと思っていたので驚きました.
  • 爆薬と狭心症の薬が一緒なんて知らなかった.
  • アロンアルファのCMの場所,横浜の赤レンガ倉庫ですよね.
  • アロンアルファすごいですね.
  • アロンアルファつえぇぇぇぇ
  • アロンアルファすごいですね.医療でも使われているというのは驚きでした.
  • コマーシャルで紹介されたアレは "アロンアルファ" ではなくて "アロンアルフア" だったことに最近 気が付いて少し驚いた.英語はAlphaだったけれど.
  • アスパルテームは北里の受験の時の化学の問題で出たのをよく覚えている.
  • 前期の一般入試にもアスパルテームが出てた!気がする・・・
  • となりでもんだいをときながら
  • 人がどんどん少なくなっていく・・・.
  • とても静かで良い
  • 授業も残すところわずかだ
  • 今日なんで雨降ったんですかね・・・
  • 雨!!!(怒
  • 学祭楽しかった.
  • 来年はもう少し学祭まわれたらと思います.
  • おもしろかったです.
  • よくわかりました
  • 有機好き
  • 復習がんばります.
  • 復習します.
  • 覚えることが
  • 話を聞いている分には面白いけど難しい・・・
  • 疲れました
  • 実験が大変で泣く
  • 次こそ遅刻しない!
  • 久々に1限の時間に起きることができました.

f:id:takahikonojima:20171110143955j:plain


f:id:takahikonojima:20171110144054j:plain

出席者数推移

次回予告と自宅学習

身体を構成する有機化合物について学びます.配布物を予習して来ること.

参考書籍

炭素文明論 「元素の王者」が歴史を動かす (新潮選書)

炭素文明論 「元素の王者」が歴史を動かす (新潮選書)

↑『第10章 空気から生まれたパンと爆薬 アンモニア』
スパイス、爆薬、医薬品 - 世界史を変えた17の化学物質

スパイス、爆薬、医薬品 - 世界史を変えた17の化学物質

  • 作者: ジェイ・バーレサン,ペニー・ルクーター,小林力
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2011/11/24
  • メディア: 単行本
  • 購入: 2人 クリック: 128回
  • この商品を含むブログ (13件) を見る
↑『五章 ニトロ化合物/国を破壊し山を動かす爆薬』
新化学読本―化ける、変わるを学ぶ

新化学読本―化ける、変わるを学ぶ

↑『第17章 合成された高貴の紫色-アニリン』
マクマリー有機化学(中)

マクマリー有機化学(中)

  • 作者: John McMurry,伊東二,児玉三明,荻野敏夫,深澤義正,通元夫
  • 出版社/メーカー: 東京化学同人
  • 発売日: 2013/02/12
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
↑『20 カルボン酸とニトリル』,『21 カルボン酸誘導体と求核アシル置換反応』
マクマリー有機化学(下)

マクマリー有機化学(下)

  • 作者: John McMurry,伊東二,児玉三明,荻野敏夫,深澤義正,通元夫
  • 出版社/メーカー: 東京化学同人
  • 発売日: 2013/02/27
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
↑『24 アミンと複素環』,『26 生体分子: アミノ酸,ペプチド,タンパク質』

このブログを書いている人

www.tnojima.net

もう一つのブログ

www.takahikonojima.net