読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life + Chemistry

化学の講義録+大学を楽しく面白い学びの場に変える試みの記録 (北里大学・野島 高彦)

野島高彦(@TakahikoNojima)はこういう人:主に学生向けの説明(2016-2017)

FAQ

f:id:takahikonojima:20140401112632j:plain

●連絡先

  • Twitter @TakahikoNojima :北里大学の在学生がフォローしてきたときは,だいたいリフォローしています*1
  • 電話連絡厳禁.電話連絡厳禁.大事なことなので2回書きました.私は電話が嫌いです.

1 医療工学科と看護学科の「化学『メディカル指向のケミストリー #メディケム 』」講義を担当しています*2

「スライドショー→黒板→スライドショー→確認問題(成績に影響しない)」の形式で90分の講義を進めています*3

医療系学部の1年生向けに化学の内容を組み立ててあるので,高校化学未習得者でも手抜きしなければ苦戦しないしくみになっています.

配布物,過去問,授業評価結果,採点プロセスはすべてオンライン公開しています.

1.1 医療衛生学部医療工学科(臨床工学専攻+診療放射線技術科学専攻)

水曜1限通年.2年次以降の専門科目を学ぶために必要な「化学的な考え方」と「医療技術に関係する化学の基礎」の理解が目標です.2016年度の履修登録は91名でした(臨床工学専攻必修科目・診療放射線技術科学専攻選択科目).

「単位換算」*4や「近似計算」*5といった,工学の基礎の基礎の基礎の基礎も鍛えます.

1.2 看護学部看護学科

金曜2限通年.医薬品,医療材料,食品,衣料品などなどの,医療の仕事や日常生活で扱うイロイロなモノのしくみを理解することが目標です.2016年度の履修登録は65名です(看護学科選択科目).

看護学科の専門科目で学ぶ,浸透圧とか代謝とかの基礎も学びます.

1.3 教科書の出版実績があります

全30回の講義のうち,1回目から19回目の内容は,化学専門書出版社の(株)化学同人 @kagakudojinから『はじめて学ぶ化学』として出版されています.私の化学講義では,この本を指定教科書としています.

計算問題については超くわしい解説を書いておいたので,「化学は計算問題がアレ」っていう人でも大丈夫.

『はじめて学ぶ化学』は,北里大学以外の大学でも基礎的な化学の教科書に採択されています.
2016年10月の段階で第6刷増刷です.

はじめて学ぶ化学

はじめて学ぶ化学

1.4 講義録と配付資料と過去問をオンライン公開しています

教育内容の透明化に取り組んでいます.2009年4月に化学講義を担当し始めてから,すべての回の講義をブログで公開しています.

配付資料は事前にオンライン公開し,学内外の化学研究者や化学教員からコメントをいただいて改良し続けています.

国内のいくつかの医療系大学の化学教育で,私のつくった化学教材をアレンジしたものが使用されています.

過去の試験問題も解説+解答とあわせてオンライン公開しています.

1.5 講義はすべての学生に公開しています

履修登録していない学生にも講義を開放しています.

Universityの学生には「聞きたい教室に聞きたい講義を聞きにいく自由」があると考えているからです*6

2 「大学基礎演習『理系スタイルのスタディ・スキル #リケスタ』」を担当しています

学部混成科目.前期木曜2限コースの一つを担当.

理系大学で学ぶために必要なスキルを身につけるコースです(医学部以外の全学部学科専攻対象・選択科目だったり自由科目だったり).

実験レポートの書き方とか,考察ネタ探しとか,スライドショー形式で進んで行く講義でノートを取る方法とか,苦しむことなく定期試験をやっつける方法とか,ピンチをチャンスに変えるネゴシエーション方法とか,簡潔な日本語メッセージの組み立て方とか,そういうことをグループワーク中心に学ぶコースです.

演習内容はオンライン公開しています.

2016年度は初回出席者の中から抽選で24名を選びました*7.2016年度から,iOSまたはAndroid OSがインストールされたスマートフォンまたはタブレットを毎回持参できることを履修条件としました.

3 「化学要習」を担当しています

学部混成の自由科目*8.高校化学未習得者対象の高校レベル化学補習講座.前期火曜4限コースを担当しています.

4 「化学実験」を担当しています

木曜金曜午後の「化学実験」を分担指導しています*9

「有機化合物の元素分析」,「アスピリンの合成」,「陽イオンの各個反応」,「未知試料の系統分析」を担当します.

5 専門は生体高分子の化学です・主にDNA

f:id:takahikonojima:20130308232448j:plain
http://www.s-graphics.co.jp/nanoelectronics/freestuffs/large/dna1.jpg
DNA,RNA,タンパク質といった「生体高分子」の化学が専門です.
こうした分子を組み合わせるとどんなことができるだろうか? というあたりに興味があります.
f:id:takahikonojima:20130130004427j:plain
↑英国王立化学会から2013年1月に発行された「Molecular Logic-based Computation」(A. P. de Silva著)の中で,私が取り組んでいるDNAの研究が紹介されています.

生命科学と応用化学の接点で行ってきた研究の経験を,化学講義や教科書執筆に活かしています.

6 北里キャンパスナビゲーター #キャンナビ の活動を手伝っています

f:id:takahikonojima:20160809233101j:plain
在学生による大学広報チーム「北里キャンパスナビゲーター」(#キャンナビ)の活動を手伝っています*10

広報活動におけるSNS,ブログ,ウェブサイトの利用方法をいっしょに考えながら,プレゼンテーション,スライドデザイン,htmlコーディングを指導しています.新しいしくみの導入とか,各種トラブルシューティングも私の担当.

キャンナビが関係する大学広報ムービーの収録にも同行しています*11.ちょこっと出演することもあります(ここ数年,こちらの断り無く台本に組み込まれてます.).

7 SNSを利用した新しい試みに挑戦しています

Twitterのアカウントは @TakahikoNojima です.

7.1 北里つながろうプロジェクト #北里つながろう

Twitterを介して在学生,AO入試,推薦入試,一般入試などで入学が決まった高校生や受験生,卒業生がユルくつながるインフラづくりが 北里つながろうプロジェクト です.

同期探しや同じ専攻の先輩探し,同じものごとに興味を持ってる仲間探しから,オンライン同窓会まで可能性が広がります.

オンラインのつながりだけでなく,タイムラインで知り合った人々が実際に会ってみる機会として,各種イベントもやっています.

www.tnojima.net

こういうイベントの運営は,「北里つながろうプロジェクト各種イベント実行チーム」がやってくれています→2016年度「北里つながろうプロジェクト各種イベント実行チーム」を紹介するよ! #北里つながろう
チームのアカウント→ @ku_tsunagaro

7.2 高等教育の学習にSNSを利用するこころみ

有機化合物を覚える手段としてTwitterのボットを使った方法を採用しています.

計算問題の解き方指導にもTwitterは便利.

8 社会連携活動にとりくんでいます

公的研究予算の審査委員や,国内外の化学専門論文誌の査読審査員などの活動を通じて,化学専門家として社会連携活動に取り組んでいます.

f:id:takahikonojima:20161230195219j:plain
2014年から2016年にかけては,中学校理科教科書づくりのお手伝いをしました(大日本図書).教師用指導書には私の名前とURLが明記されています.

f:id:takahikonojima:20161230204734p:plain

「実験レポートの書き方」や「実験ノートの使い方」についての説明スライドを,国内外の大学院,大学,高校に提供し続けています.目指せ全都道府県制覇☆
f:id:takahikonojima:20161230204745p:plain

新聞,TV,オンラインメディアからの取材要請にも対応しています.
f:id:takahikonojima:20140414001253j:plain
f:id:takahikonojima:20140429213236j:plain

★ みなさまとの出会いを楽しみにしております

講義室や実験室で会う機会のないみなさまとも,北里キャンパスナビゲーター #キャンナビ,北里つながろうプロジェクト #北里つながろう,その他のイベントで交流する機会があるかもしれません.

SNSを通じての交流の機会もあります*12
www.tnojima.net
www.tnojima.net
www.tnojima.net

*1:フォローされたことに気付かない場合あり.プロフィール欄みて適当に判断してます.

*2:臨床工学専攻は必修,診療放射線技術科学専攻は化学・物理学・生物学の中から2科目選択,看護学部看護学科は化学・物理学・生物学の中から1科目選択.

*3:28回目と29回目は黒板ナシ.

*4:たとえば0.0821 atm L mol-1 K-1は何 J mol-1 K-1か? っていうやつ.コレが楽勝でできないと,工学系専門科目の計算ができず苦しい日々を送ることになります.

*5:簡略化すれば簡単な計算になるのに,面倒な式を立ててしまったために計算を誤る,という不幸な目に遭いたくなければ近似計算を習得することです.

*6:私も学生時代に他学科の講義を聞きに行ったものです.

*7:24名を超えると90分の演習時間に収まらなくなるので抽選やってます.

*8:卒業単位に含まれない科目です.

*9:薬学部と理学部を除く全学部.必修の学科・専攻と,選択の学科・専攻あり.

*10:北里大学の「入学アドバイザー」という立場で,入学センターと協力しています.運営には直接 意見しないことにしています.

*11:全部ではありません.

*12:毎日のようにTwitterでやりとりしてる学生なのに,私からは顔と名前がわかんない,という人が何人もいます.私の顔はわかってるそうです.

月刊 野島高彦 2017年1月号

月誌

f:id:takahikonojima:20170201135103j:plain
2012年1月から毎月毎月公開してきた1か月のまとめ記事のタイトルを変えてみました.

印刷された雑誌だと店頭に並ぶ翌月とか翌々月とかを発行月にすることがあるんだけど,こっちでは逆になります.

でも中身とタイトルは一致するのでコレでおk.

●1年の計は元旦にあり

2017年の過ごし方のテーマは「プラス5 %の もうちょっと」です.

「ここまでにしておこう」っていう段階に達したら,「もうちょっと先まで」って考えて1年間を過ごしてみるのです.

www.tnojima.net

f:id:takahikonojima:20170201135119j:plain
大晦日には年越し蕎麦を食べました.器が足りなくなって,ラーメン用のまで使用.
f:id:takahikonojima:20170201135124j:plain

元旦はお雑煮.

●2016年度のたたみこみ

1月5日(木)から大学で仕事を始めました.

最初の仕事は試験監督で,4コマやりました(12月に1コマやってる).

私の担当する医療工学科および看護学科の「化学 #メディケム 」も試験がありました.

試験問題と解答は公開しております.再試験やりません.

f:id:takahikonojima:20170201135132j:plain

●2017年度の準備

1月上旬に2017年度のシラバスを執筆して提出しました.

2017年度も担当科目に変更ありません.

講義内容と演習内容はちょこっと変えます.
www.tnojima.net

●教材提供

3カ所に教材を提供しました.

  • 帝京科学大学 生命環境学部 生命科学科 松岡 浩 先生
  • 尚絅学院大学 総合人間科学部 健康栄養学科 木村 ふみ子 先生
  • 立命館慶祥中学校・高等学校 鳥邊 直樹 先生

これまでの提供先は46カ所(23都道府県+外国2国)になりました.

これからも続けて行きます.
www.tnojima.net

この活動に関連して2月には電気通信大学 #電通大 から招待講演の機会をいただきました.

●キャンナビ #キャンナビ

f:id:takahikonojima:20170201135139j:plain
19日(木)に定例ミーティングがありました.
f:id:takahikonojima:20170201135148j:plain
この日には,2月19日(日)に開催される 「オープンキャンパス番外編」 の告知動画撮影も行われました.
f:id:takahikonojima:20170201135159j:plain
f:id:takahikonojima:20170201135204j:plain
こういうのは誰かが何かやると次から次へと

●北里つながろうプロジェクト #北里つながろう

今年4月から #春から北里 な人々の参加が続いています.

入学前からのSNSでユルくネットワークができるっていうのが2017年.

2012年から取り組んできた #北里つながろう アカウント紹介は,700アカウントを超えました.初期の頃の人々はほとんどが卒業しています.

入学予定者〜在学生〜卒業生,のネットワークとしてどれくらい機能してるのかは定かではありません.

365日 参加歓迎☆
www.tnojima.net

それから,2017年度の「各種イベント実行チーム」も募集してます(2017年度に相模原キャンパスな人).

興味ある人は @TakahikoNojima and/or @ku_tsunagaro に お問い合わせください.

●その他

学内会議が4回ありました.

●行ってきた場所

1月3日,「不思議で美しいミクロの世界展」

www.takahikonojima.net

1月21日,「みやがせ花の日」

www.takahikonojima.net

1月25日,「It's a Sony展」

www.takahikonojima.net
www.takahikonojima.net

1月30日,「東京凸凹地形-地形から見た東京の今昔-」

www.takahikonojima.net

●その他の記事(ブログその1)

www.tnojima.net
www.tnojima.net

●その他の記事(ブログその2)

www.takahikonojima.net
www.takahikonojima.net

●2017年2月の予定

  • 15日(水)に電気通信大学 #電通大 で招待講演を行います.
  • 19日(日)にはキャンナビ主催の「オープンキャンパス番外編」 #北里OC があります(年中行事).

  • 22日(水)には winK♡ @winK_kitasato 主催のステージを見に行きます.

  • 学内会議が恐らく9回,キャンナビ #キャンナビ のミーティングが2回あります.
  • もしかしたらキャンナビの研修旅行があるかも(年中行事).

●来月号

www.tnojima.net

● このブログを書いている人

www.tnojima.net
www.tnojima.net

●年誌

砂時計を生活に採り入れてみたよ!有限な人生の5分間を切り取る小道具

一工夫

f:id:takahikonojima:20170111121430j:plain

@mehori さんのブログで仕事机の上に砂時計があるのを見ました.

lifehacking.jp

「このアイデア(・∀・)イイ!!」って思って,さっそくAmazonで注文しました.5分間用のを2個.自宅用に1個,大学用に1個.

シンワ測定 砂時計 5分計 70552

シンワ測定 砂時計 5分計 70552

時間を制限しないとエンドレスに陥りがちな作業,たとえばWeb上での関連情報集めとか,プレゼン用スライドの見た目修正なんか,を始めるときには,これまでカード式のタイマーを使っていました.

www.tnojima.net

しかしコレに時間を入力する手間が面倒なので,スタートさせないことも多く,結果としてエンドレス作業に突入してしまうことも多々ありました.

砂時計だとひっくり返すだけなので,この手間がかからず,残り時間も一目で見てわかるというメリットもあります.

昔の人が発明して21世紀まで生き残ってきた道具って,なんだかんだでステキ☆

難点は終了時刻を音とか振動とかで知らせてくれるわけではないというあたりです.厳密に5分間に制限するのではなく,「すでに5分が過ぎている」を目で見て理解するための道具,といったところです.

また,ストップウォッチで測定してみたところ,+15秒程度の不正確さがあったので,正確に5分間を測る,っていう用途には向いていません.

砂が静かに落ちて行くのを見ているのも楽しいもので,見ている間は生産的なことを何もしていないわけなので,果たして砂時計を机の上に置いてどれだけ時間を有効利用できているのか,今のところ定かではありません.

ただいま2017年度のシラバス執筆中:計画を立てるときにはこういうふうに考える

雑記

f:id:takahikonojima:20170111112951j:plain

ただいま2017年度のシラバスを執筆中です.

北里大学に来て9年目に突入なんですが,担当してる講義(化学)の内容は毎年マイナーアップデートしていて,その内容がシラバスに反映されます.

毎年1月上旬はこの作業をやってます.

●記憶よりも記録

講義内容マイナーアップデートのときにもっとも参考になるのは,前年度の「記録」です.

講義の終了時刻と,確認問題を回収して退室した時刻とを毎回記録してあって,時間が余った回では,実例としてとりあげる例を1個増やしてみるとか,時間がキツめな回では演習問題を簡単にするとか,そんな調子で微調整してます.

こういうふうに考えて計画を立てれば,「時間が足りなくなっちゃったー」とか「計画どおりに進まなーい」にならずに済みます.

そういうわけで講義にしろ演習(前期木曜2限の大学基礎演習 #リケスタ ・こんどで7年目)も,「進める側」としては最適化された状況にあります.

●人類が科学を進めるので講義の中身を変える

この「最適化」っていうのは,同じことを繰り返すうえでの最適化なんですが,実際には講義にしろ演習にしろ中身は数年ごとに入れ換えています.

たとえば,2016年にはニホニウムNhをはじめ新しい元素が周期表に加わったので,こういうのは「元素と周期表」の回で扱いたいところです.

それから,まもなく「1モル」と「1キログラム」の定義が変わろうとしてるので,このあたりも「モルと化学反応式」で扱いたいところです.

しかしコレの説明をするには「プランク定数」を理解してないとダメなんで,高校物理未履修層が厚いことを考えると詳しい説明はパスだなー.

他にも新しい医薬品が開発されたり,新しい医療材料が開発されたり,生命現象が一歩解明されたりっていう調子で,人類が自然科学を進めているので,ソレに伴って講義内容も更新してます.

化学の講義を担当してるおかげで,ずいぶんと化学に詳しくなりましたよ.

更新したら講義終了時刻も変わるので,ソレも記録しておいて,1年後に計画を立てるときの参考にします.

記憶よりも記録

●高校の復習をしても つまらない

新しい内容を組み込むと,代わりに何かを追い出すことになるわけで,「高校の復習」範囲で「今から学んでも死ぬまで役に立たないものごと」を優先的に追い出し続けてます.

有機化学の「化合物の名前の付け方ルール」とか,無機化学の「単位格子中の粒子の数」みたいなのは医療系の仕事に就くために大学に入学してきた人々が「今から」マスターしても全く役に立たないので最初からパスしてあって,かわりに有機化学なら「石油化学工業」,無機化学なら「薬剤に含まれる多原子イオン」を入れてあります.

石油化学について考えるようになると,ニュースで「ホルムズ海峡」とか「シーレーン」といった言葉をきいたり,ガソリンスタンドでガソリン価格を見たりするたびに世界のことを考えるようになるでしょう.それと比べたら,名前の付け方なんかどーでもいいし.

薬剤についても,自分が風邪を引いたりケガをしたりしたときに薬品の成分表を見て,知ってる物質名が出て来る体験っていうのは人生をちょいとばかり面白くするもの(かもしれないもの)なので,ソレと比べたら,面心立方とか最密充填とかどーでもいいし.

2017年度は前期の化学結合のあたりを圧縮して,代わりに後期の有機化合物の範囲,具体的には私たちの身体を構成している化合物の理解,の回数を増やす計画です.

圧縮したぶんは「家庭学習」+「学習サポートセンター(ASC)」だな.

●こうやって考える

生活の全てを電算化する勢いで生きている私ですが,ものごとを考えるときには機械は使いません.

シラバスの改訂も「考える」ところは紙にペンで殴り書きをして進めています.

f:id:takahikonojima:20170111113014j:plain

調べたり,整理したり,見た目を整えたりっていう作業にコンピュータは適してますが,「考える」のに2017年のコンピュータ環境は役に立たず,むしろ足手まといっていうのが私の考えです.

そのうちに変わって来るかもしれないけど.

このあたりは昨年の11月に『化学』誌に寄稿した『コンピュータは科学者から何を奪ったか』にも書いてあります.

●乞うご期待

っていうわけで,2017年度「化学 #メディケム 」履修 & モグリのみなさまお楽しみに☆

●リンク

www.tnojima.net
www.tnojima.net


☆新入生への注意

北里大学2017年度入学のみなさまとの接点 #春から北里

お知らせ

f:id:takahikonojima:20161211182352j:plain
相模原キャンパスL2号館脇の桜並木

2017年度に北里大学入学が決まったみなさま,大学入学おめでとうございます.

みなさまの大学生活がステキなものになることを願っております.

相模原キャンパスで みなさまをお待ちしております.

1 担当している科目:学部学科専攻それぞれ

みなさまと私とが教室で接点があるとしたら以下のような場所と時間になります(2016年度から制度変更がなかった場合・2017年度は変更があるかもしれません).

薬学部(PPとPL)
  • 「大学基礎演習(理系スタイルのスタディ・スキル #リケスタ )」(前期木曜2限・抽選あり選択科目)【2016年度シラバス】
  • 「化学要習」(前期火曜4限・自由科目)
獣医学部獣医学科(VV)
  • 「化学実験」(後期前半木曜午後・必修科目)
  • 「大学基礎演習(理系スタイルのスタディ・スキル #リケスタ )」(前期木曜2限・抽選あり選択科目)【2016年度シラバス】
  • 「化学要習」(前期火曜4限・自由科目)
獣医学部動物資源科学科(VZ)
  • 「化学実験」(後期前半金曜午後・必修科目)
  • 「大学基礎演習(理系スタイルのスタディ・スキル #リケスタ )」(前期木曜2限・抽選あり選択科目)【2016年度シラバス】
  • 「化学要習」(前期火曜4限・自由科目)
獣医学部生物環境科学科(VE)
  • 「化学実験」(前期前半木曜午後・必修科目)
  • 「大学基礎演習(理系スタイルのスタディ・スキル #リケスタ )」(前期木曜2限・抽選あり選択科目)【2016年度シラバス】
  • 「化学要習」(前期火曜4限・自由科目)
海洋生命科学部(MB)
  • 「化学実験」(前期後半金曜午後または後期後半金曜午後・必修科目)
  • 「大学基礎演習(理系スタイルのスタディ・スキル #リケスタ )」(前期木曜2限・抽選あり選択科目)【2016年度シラバス】
  • 「化学要習」(前期火曜4限・自由科目)
医学部(M)
  • 「化学実験」(前期前半金曜午後・必修科目)
看護学部(N)
  • 「化学(メディカル指向のケミストリー #メディケム )」(通年金曜2限・選択科目)【2016年度シラバス】(2017年度は若干変更あり)

【注意】この時間帯にはスポーツ系選択科目も開講されています.スポーツ系選択科目の中には履修時間帯を抽選で決めるものもあります.化学履修希望者は,この抽選を行う際に,金曜2限を候補から外しておいてください

  • 「大学基礎演習(理系スタイルのスタディ・スキル #リケスタ )」(前期木曜2限・抽選あり自由科目)【2016年度シラバス】
  • 「化学要習」(前期火曜4限・自由科目)
理学部(SCとSBとSP)
  • 「大学基礎演習(理系スタイルのスタディ・スキル #リケスタ )」(前期木曜2限・抽選あり選択科目)【2016年度シラバス】
医療衛生学部健康科学科(HS)
  • 「化学実験」(前期前半木曜午後・必修科目)
  • 「大学基礎演習(理系スタイルのスタディ・スキル #リケスタ )」(前期木曜2限・抽選あり自由科目)【2016年度シラバス】
  • 「化学要習」(前期火曜4限・自由科目)
医療衛生学部医療検査学科(ML)
  • 「化学実験」(前期後半木曜午後・選択科目)
  • 「大学基礎演習(理系スタイルのスタディ・スキル #リケスタ )」(前期木曜2限・抽選あり自由科目)【2016年度シラバス】
  • 「化学要習」(前期火曜4限・自由科目)
医療衛生学部医療工学科臨床工学専攻(CE)
  • 「化学(メディカル指向のケミストリー #メディケム )」(通年水曜1限・必修科目)【2016年度シラバス】(2017年度は若干変更あり)
  • 「化学実験」(後期後半木曜午後・必修科目)
  • 「大学基礎演習(理系スタイルのスタディ・スキル #リケスタ )」(前期木曜2限・抽選あり自由科目)【2016年度シラバス】
  • 「化学要習」(前期火曜4限・自由科目)
医療衛生学部医療工学科診療放射線技術科学専攻(RT)
  • 「化学(メディカル指向のケミストリー #メディケム )」(通年水曜1限・選択科目)【2016年度シラバス】(2017年度は若干変更あり)
  • 「化学実験」(後期後半木曜午後・選択科目)
  • 「大学基礎演習(理系スタイルのスタディ・スキル #リケスタ )」(前期木曜2限・抽選あり自由科目)【2016年度シラバス】
  • 「化学要習」(前期火曜4限・自由科目)
医療衛生学部リハビリテーション学科(PTとOT)
  • 「化学実験」(後期後半木曜午後・選択科目)
  • 「大学基礎演習(理系スタイルのスタディ・スキル #リケスタ )」(前期木曜2限・抽選あり選択科目)【2016年度シラバス】
  • 「化学要習」(前期火曜4限・自由科目)
医療衛生学部リハビリテーション学科(STとOVとOT)
  • 「化学実験」(前期後半木曜午後・選択必修科目)
  • 「大学基礎演習(理系スタイルのスタディ・スキル #リケスタ )」(前期木曜2限・抽選あり自由科目)【2016年度シラバス】
  • 「化学要習」(前期火曜4限・自由科目)

※選択科目は履修にあたってのルールがあるのでシラバスで確認してください.
※水曜1限と金曜2限の「化学(メディカル指向のケミストリー #メディケム )」はモグリ聴講OKです.毎年そういうヒマな学生がいます.

2 課外活動

2.1 キャンナビ #キャンナビ

f:id:takahikonojima:20160915143340j:plain

  • 在学生による大学PRチームです→ @KitasatoNavi
  • オープンキャンパスのスタッフとか,広報誌づくりとか,大学公式ムービー出演とか,ブログとSNSとホームページによるオンラインPR活動とか,イロイロやってるチームです.
  • 私はインターネット関連のアレコレの技術指導と,プレゼンテーション研修と,SNS研修と,その他の雑多なアレコレを担当してます.
  • キャンナビ関係の記録
2.2 北里つながろうプロジェクト #北里つながろう

f:id:takahikonojima:20160409195900j:plain

  • 学部学科専攻学年を問わず北里大学のみんながTwitterで作るユルいつながりを広めていく活動です→【説明】
  • 年に数回「タイムライン上で接点のあった人々に実際に会ってみる企画」を開催しています:お花見,七夕,ハロウィン,BBQ,「これはヤキイモではない」,などなどのイベント
  • そういうイベントをやってくれてるのが「北里つながろうプロジェクト各種イベント実行チーム」です→ @ku_tsunagaro
  • 北里つながろうプロジェクト関係の記録
  • 大学公認団体ではありませんが,それなりに北里大学のみなさまに貢献してます.

★4月のガイダンス期間中に中庭で「お花見」と称して集まってお菓子を食べたり写真を撮ったりしています.ぼっち回避 and/or 時間つぶしにどうぞ(雨天中止).

2016年4月はこんな調子でした↓
www.tnojima.net

●注意


●このブログを書いている人

www.tnojima.net
www.tnojima.net

2017年の過ごし方:プラス5 %のもうちょっと

雑記

f:id:takahikonojima:20170101103021j:plain

2017年が始まりました.

今年の私のテーマは「プラス5 %」です.

何かやるときには必ず「ここまでにしておこう」という場面に到達しますが,ここで「もうちょっと進んでみよう」って考えるのです.

「もうちょっと」が「5 %くらい」です.

1割だとキツそうだし,消費税と同じ8 %でもキツそうだし,5 %くらいなら1年間続けられるだろうし.

日々のプラス5 %の積み重ねが1年後の自分をどこまで連れて行ってくれるのかが楽しみです.

2017年12月31日,どのような世界が見えるでしょうか?

とても楽しみです.

今年もよろしくお願いします.

●このブログを書いている人

takahikonojima.hatenablog.jp

2016年:別解を探し続けた366日

年誌

f:id:takahikonojima:20161230234219j:plain

●年始にはこういうことを考えていました

元旦に2016年の過ごし方として「別解を探す366日」というものを決めました.

毎日毎日イロイロな理由で訪れる選択の場面で「他に選択肢が無いだろうか?」とか「ソレを選ばない場合には何を選ぶだろうか?」と考えてみることにしたわけです.

www.tnojima.net

コレはとても面白い試みで,「あんな手もあるぞ!」とか「次はアレをやってみよう!」という場面が次から次へとやって来て12月になった,という調子でした.

●中学校理科教科書づくりのお手伝い

f:id:takahikonojima:20161230195219j:plain
2014年の春先から中学校理科教科書づくりのお手伝いをしていました.

それが無事に文部科学省の検定をパスして,2016年4月,全国あちらこちらの中学校で使われるようになりました.大日本図書の『新版 理科の世界1』です.

私が関係したのは,1年生用の73ページ「基本操作 実験ノートの書き方」と「トピック 実験ノートの重要性」の部分です.

また,教師用指導書253ページと370ページには,私の名前と所属とURLが記載されています.
f:id:takahikonojima:20161230204718p:plainf:id:takahikonojima:20161230204734p:plain

この経緯についてはこちらの記事参照→ 文科省検定中学校理科教科書制作をちょこっとお手伝いしました(2016-04-30)

●教材提供活動

f:id:takahikonojima:20161230204745p:plain
中学理科の教科書造りのお手伝いをする機会ができたのは,実験科目関連のアレコレをインターネットで公開し続けてきたからです.

公開開始から6年,Google検索で『実験ノート』を キーワード検索 すると,Wikipediaの次にヒットするのが,私の書いた記事『実験ノートには何を記録するのか?』となっています.

この内容について問い合わせが続いたため,教材提供活動に本格的に取り組んで行くことにしたのが3年前の2013年でした.

2016年もこの活動を継続し,国内外22箇所に教材を提供しました→ 教材提供先一覧

コレに関連して,2017年2月には学外で招待講演の予定があります.

●「かんたんなんだけど誰もやってない」をインターネットで公開し続けていたらこういうことも

理科好き高校生を対象に公益財団法人日本科学協会が発行しているニュースレターに,2号にわたって制作協力しました.

それから,5年前に配布したプリントの中に組み込んでおいたイラストが自然科学英語の一般書籍で使われたりも.
www.tnojima.net

こういうかたちで,イロイロ広がり続けています.

●#リケスタ

2010年度に一部分を分担した「教養演習B『大学生としての学び方』」は,翌年度から単独で1コースを担当するようになり,2016年度からは名称を「大学基礎演習『理系スタイルのスタディ・スキル #リケスタ 』」としました.

SNSハッシュタグまでが科目名です.たぶんこういうの人類史上初☆

今年度から履修条件に「スマートフォン(またはタブレット)を毎回持参できる者」を追加しました.これまで見送ってきた条件追加ですが,ものごとを先に進めるために導入しました.

#リケスタ から派生して,これまでに進めてきたプロジェクトが一つ,2017年3月か4月に公開となる予定です.

●#メディケム

2009年度から担当してきた講義科目「化学」も名称を変更して「化学『メディカル指向のケミストリー #メディケム』」としました.

●「はじめて学ぶ化学」増刷 & 採択校数増加

#メディケム で指定教科書としている「はじめて学ぶ化学」が,今年度も増刷となりました.ただいま第6刷です→ 「はじめて学ぶ化学」を教科書として採用している大学(2016年度)
f:id:takahikonojima:20161230204802p:plain
f:id:takahikonojima:20161230204810p:plain

はじめて学ぶ化学

はじめて学ぶ化学

●担当科目ぜんぶあわせて

1年間でどれだけ講義したり演習したり実験指導したりしてるのかっていうのを計算してみました.

  • 化学の講義が通年で週に2回なので56コマ=5,040分
  • 化学の再履修者対象夏期集中講義のうち4コマを分担=360分
  • 大学基礎演習が半期14コマなので1,260分
  • 化学要習が半期12コマなので1,080分
  • 化学実験が木金午後前期も後期も12週ずつで48回,欠席者対象の補充実験が3回あったので,1回4.5コマ換算なので229.5コマ=20,655分
  • 合計28,395分=473時間

●解説を寄稿

『化学』(化学同人)に4ページの解説を寄稿しました→ 『コンピュータは科学者から何を奪ったか』 【全文PDF】

これも間接的に #リケスタ から派生して形になった成果の一つです.

●キャンパスガイドづくりの分担

1年生に配布されるキャンパスガイドのうち,2013年度には「一般教育部SNSガイドライン」づくりに携わりましたが,2016年度は学生への注意を促す「気をつけよう〜詐欺や悪質商法などの被害にあわないために」 の一部を分担執筆しました.

●懇和会

2016年度の北里会懇和会には,看護学部6名+海洋生命科学部1名,合計7名の参加がありました.
f:id:takahikonojima:20161230204822j:plain
7月にはシーパラに行きました→八景島シーパラダイスに行ってきました:2016年度第1回懇和会(2016-07-03)

f:id:takahikonojima:20161230204828j:plain
11月には上野に行きました→上野動物園に行ってきました:2016年度第2回懇和会(2016-11-20)

●#キャンナビ

f:id:takahikonojima:20161230204835p:plain
2011年3月から大学業務の一つとして関わってきた北里大学公式大学PRチーム「北里キャンパスナビゲーター」 @KitasatoNavi #キャンナビ のお手伝いは6年目に突入しました.

私自身は,私がいなくても #キャンナビ は問題無く活動できる状況になっているって考え始めていた時期もありましたが,実際にはそういうわけでもなく,この属人的業務は今後も続きます→ キャンナビと過ごした5年間:彼らは成長したので私がいなくても困らないんじゃないかって思うこともある(2016-03-10)

以下のようなアレコレがあり,イロイロな角度とイロイロな距離からお手伝いしました.

●#北里つながろう

Twitterを介してユルいネットワークづくりを広げて行く「北里つながろうプロジェクト」 @ku_tsunagaro #北里つながろう のネットワークも広がり続け,ただいま私と相互フォロー関係になったアカウントが700アカウント弱,@ku_tsunagaro アカウントでの相互フォローが1,700アカウント強です.

f:id:takahikonojima:20161230204846p:plain
実際に会ってみるためのイベントもイロイロ企画しました.

「各種イベント実行チーム」はメンバーの入れ替わりがありました→ 2016年度の北里つながろうプロジェクト各種イベント実行チームを紹介するよ!(2016-04-07)

2016年度に企画したりボツになったりしたイベントは以下のとおりです.

2017年度からも実行チーム募集します.学年学部学科不問(ただし2年生以上は相模原キャンパスの人)☆

●大学関係イベントアレコレ

卒業式(3月23日)


3月,私が人生で初めて「担任」を受け持った2012年度海洋生命科学部入学Dクラスの人々が(数人除いて)卒業して行きました.

また,#キャンナビ 初代リーダー(6年制)を含む #キャンナビ の濃い人々とか,winK♡ @winK_kitasato の創立メンバーとか,私の北里大学教員生活ヒストリーで重要な位置にいる人々がゾロゾロゾロゾロと卒業して行きました.

入学式(4月5日)

4月5日には入学式がありました.

北里会の新歓パーティー(4月26日)

4月26日には北里会主催の新歓パーティーがありました.

北里祭+進学相談会(11月5日・6日)

11月5日と6日には第54回北里祭 @kitasato_fes #北里祭 と進学相談会 #北里OC が開催されました.

私にとってはイロイロな人々に再会する2日間でもあります.

●私的なできごとイロイロ

自動車の買い替え

f:id:takahikonojima:20161230233933j:plain
4月に自家用車を買い替えました.

それまで軽自動車に乗っていて,通勤に使うぶんには全く困っていなかったのですが,後部座席の居心地がアレっていうのと,高速道路の追い越しレーンでスリリングなのとで買い換えることにして,ノートっていうコンパクトカーにしました.

9か月間で16,000 km以上走りました.

一回あたりの移動距離も徐々に伸びてきて,12月には片道100 kmを越すドライブにも出かけました.

独自ドメイン利用開始

大学ネタ「Life + Chemistry / 化学の講義録+大学を楽しく面白い学びの場に変える試みの記録 (北里大学・野島 高彦) 」用に http://www.tnojima.net/ を,ソレ以外のアレコレを記録してる「ララララLife goes on / 興味をもってきたものごとアレコレの記録」用に http://www.takahikonojima.net/ を取得しました.

それまでは未成年のスマートフォンに掛けられたフィルターの過剰動作によって1年生や2年生がアクセスできない状況が多発していたのですが,コレが解消されました.

iPhone7に機種変

AppleMusicスタート

ファミリープラン月額1,480円に入りました.

オススメしてくる音楽から,Appleが私の好みをよく把握していることがわかり,AppleMusicがなかったら出会うことのなかった音楽との出会いを楽しんでいます.

●そして2017年へ

2017年のテーマは「プラス5 %」にします.

何かやるときには必ず「ここまでにしておこう」という場面に到達するわけですが,ココで「もうちょっと進んでみよう」って考えるのです.

「もうちょっと」は「5 %くらい」で,1割だとキツそうだし,消費税と同じ8 %でもキツそうだし,5 %くらいなら1年間続けられるだろうって考えてます.

日々の5 %の積み重ねが1年後の自分をどこまで連れて行ってくれるのかが楽しみです.
www.tnojima.net

●このブログを書いている人

takahikonojima.hatenablog.jp