Life + Chemistry

化学の講義録+大学を楽しく面白い学びの場に変える試みの記録 (北里大学・野島 高彦)

医療検査学科の化学講義(26)生体を構成する有機化合物

f:id:takahikonojima:20181116172415p:plain *1

キーワード

3'末端,5'末端,α-アミノ酸,α炭素,α-ヘリックス構造,一次構造,N末端アミノ酸,塩基対,核酸,核酸塩基,球状タンパク質,骨格,サブユニット,残基,三次構造,脂質,脂質二重層,C末端アミノ酸,繊維状タンパク質,側鎖,多糖,単糖,タンパク質,糖質,デオキシリボ核酸 (DNA),二次構造,二重らせん,β-シート,ペプチド結合,ホスホジエステル結合,四次構造,リボ核酸 (RNA),リン酸エステル,リン酸ジエステル,リン脂質

講義内容要約

  • 4大生体分子: 糖質 (炭水化物),タンパク質(およびアミノ酸,ペプチド),脂質,核酸
  • 親水性と疎水性 (親油性)
  • グルコースとでんぷん (アミロースとアミロペクチン) とセルロースの関係
  • タンパク質の立体構造が保たれるしくみ
  • タンパク質は,糖やリン酸基が結合してはじめて機能する場合がある
  • リン酸からスタートして構造を変えていって生体膜の構造を理解する
  • ホスホジエステル結合と糖と核酸塩基でDNAやRNAが組み立てられている
  • 生体分子の働きを理解してインフルエンザに効く薬を開発する: リレンザやタミフルの化学構造には理由がある

事前配布資料

前回の講義終了時に予習用の資料を配付しました.コレがテキストになってます.

関連動画: リン脂質二重層の流動モザイクモデル

質問

  • タミフルって副作用ありますよね? リレンザとはどう違いますか?
  • リレンザはなぜあんな特殊な飲み方なんですか?
  • タミフルを飲んだあとに異常が見られたことはあるものの,タミフルを飲んだ結果としてそうなったのかどうか不明.タミフルを飲まなかった人々にも異常が生じることがあるので.因果関係不明.
  • タミフルは飲み薬,リレンザは粉末の吸入.
  • リレンザは飲んでもほとんど効き目がないので,インフルエンザウイルスが最初に感染する喉を狙って吸引する.

コメント

  • ダッシュは横棒で「’」はアポストロフィか単引用符だろう,と,英語の知識で気づけたはずなのに,そういうものだと受け入れて疑問に思いませんでした.

くわしくはこちら参照↓
www.tnojima.net

  • インフルエンザの構造についてわかった.
  • インフルエンザウィルスの構造は初めて知りました.
  • インフルエンザ抗ウィルス薬の仕組み面白かったです!!
  • インフルエンザの薬のところ面白かった
  • インフルエンザのしくみすごいと思った!!
  • インフルエンザの予防する仕組みが分かったし,面白いなと思った.
  • インフルエンザワクチンを打てる病院が見つからないのですが,どうしましょう???
  • 生物をやっているような気分でした.
  • 生物チックで好きな内容でした!
  • 後半のスライドの内容は生物でも出て来た内容だった.
  • 生物好きなので今日の講義はよく分かった.
  • 生物とつながるところが多くて面白かったけど全然構造式が覚えられません・・・
  • これ覚えるのつらいですね.
  • おもしろかったけど難しかった.
  • 難しい・・・
  • 楽しい
  • 有機が楽しくなってきました.
  • 有機楽しいけど復習しないと大変・・・
  • ふぅー
  • そろそろ本当に勉強しようと思う.
  • 後期のテスト日程が発表されたのでがんばります.
  • テスト勉強を本格的に始める!!
  • テストいややー
  • テストやばい!!!
  • テスト・・・
  • やることが多すぎて何から手をつけていいのかわからなくなっている.
  • 先週休んで無遅刻無欠席チャレンジが途絶えてしまいました.(T_T) これ以上休まないようにします!
  • 早く終わることもあるんですね
  • 『2019年5月から「キログラム」の定義が130年ぶりに改訂される見通し.』という記事をみた.びっくり.

前期7回目に紹介しました.講義録参照↓
www.tnojima.net

  • むずいねむい
  • ねむい
  • 今日は眠かった
  • ねむいねむいねむいおはようございます.

  • もう26回とか早すぎる・・・・.あ,クリスマスまであと1ヶ月くらいだ・・・テスト以前に精神的にくるやつですね,非リアの人には

  • 焼きいも食べたい お腹空いた
  • 12/18 行きまーす☆

f:id:takahikonojima:20181116172437p:plain

出席者数推移

(1)109→(2)106→(3)104→(4)107→(5)105→(6)105→(7)106→
(8)102→(9)105→(10)102→(11)101→(12)99→(13)99→(14)98→
(16)98→(17)100→(18)96→(19)88→(20)91→(21)78→(22)79→
(23)76→(24)77→(25)80→(26)82.

次回予告と自宅学習

合成ポリマーの化学について学びます.配布物を予習して来ること.
www.tnojima.net

参考書籍

マクマリー有機化学(下)第9版

マクマリー有機化学(下)第9版

  • 作者: John McMurry,伊東〓,児玉三明,荻野敏夫,深澤義正,通元夫
  • 出版社/メーカー: 東京化学同人
  • 発売日: 2017/02/27
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
↑「25 生体分子: 糖質」「26 生体分子: アミノ酸,ペプチド,タンパク質」「27 生体分子: 脂質」「28 生体分子: 核酸」

イベント案内

12月18日(火)に毎年恒例「学内BBQ場でヤキイモ(ではない)」をやります.

このブログを書いている人

www.tnojima.net

もう一つのブログ

www.takahikonojima.net

【PR】このブログを書いてる人の著書

在学中 or 勤務先の図書館に蔵書購入リクエストしていただけると超うれしいです☆

誰も教えてくれなかった実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

誰も教えてくれなかった実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

はじめて学ぶ化学

はじめて学ぶ化学