Life + Chemistry

化学の講義録+大学を楽しく面白い学びの場に変える試みの記録 (北里大学・野島 高彦)

ユニバーシティ・アイドル日本一を決めるUNIDOL2014-15 Winterをみてきたよ! #unidol

f:id:takahikonojima:20150225180443j:plain
f:id:takahikonojima:20150225180423j:plain

2月12日(木)の夕方,ユニバーシティ・アイドル全国決戦UNIDOL2014-15 Winterを見てきました.会場はお台場の Zeppダイバーシティ東京.

12月に行われた予選大会で2位に入賞した北里大学winK♡は,14チームが登場するステージの8番目に登場.1年生メンバー8人がきれいに揃ったステージを見せてくれました*1

以下,私の主観.

他大学のチームとは狙っているものが違ったように見えた今回のwinK♡

今回は各地で行われた予選を勝ち抜いてきたチームのステージということで,どのチームも見応えのあるステキなステージを見せてくれました.
過半数のチームは力強さとか会場との一体感を目指して賑やかさを狙っていたように見えました.

一方でwinK♡は,賑やかさとか会場との一体感とかではなく,ていねいにきっちりと準備したステージを魅せてくれました.

もともとwinK♡には「さぁ,みなさん,ご一緒に!」みたいなノリの要素がほとんど無いし,観客とステージとの距離というか,角度というか,関係性というか,そういうのが違って見えました.

これがwinK♡のカラーなのかもしれません.

そのwinK♡のカラーは,ステージのたびにちょっとずつ変化してきたカラーです.

毎回毎回新しい何かをみせてくれるwinK♡

私が初めてwinK♡のステージをみたのは2013年11月の北里祭でした.
その次が昨年7月のUNIDOL2014 Summer (品川)で,その次が昨年11月の北里祭,それから昨年12月のUNIDOL予選 (渋谷),そして今回のUNIDOL本戦です*2

winK♡のUNIDOLステージは雰囲気が毎回毎回ちょっとずつ変わって来ています.
昨年7月は要所要所で動きを揃え,グイグイと引っ張る力強さを全面的に押し出したステージでしたが,12月は最初から最後まで複雑な動きを大人数できっちりとやり遂げるステージとなり,今回は少ない人数で動きをきれいにみせるステージでした.

衣裳も毎回新しいものを用意していて,ステージごとに違うグループを見ているようです.
次のステージも楽しみです.


次のイベントは3月18日(水)の「卒業コンサート」

その「次のステージ」なのですが,winK♡が次に出演するイベントは,3月18日(水)に渋谷TSUTAYA O-EASTで開催される「UNIDOL卒業コンサート」です.

今回のUNIDOL 2014-15には出場できなかったメンバーに,再びステージで会えるのと同時に,これが最後のステージになる2年生や3年生のメンバーもいます*3.前売り券については近々 winK♡のTwitter @wink_kitasato からお知らせがある模様です.

そして2015年度のwinK♡

2015年度のUNIDOLもスケジュールが決まっていて,6月15日と16日に予選,ここで入賞したチームが8月28日に再びZeppダイバーシティ東京のステージに進出となります.そのころには2015年度の新入生もメンバーとして活躍しているはず.

これからのwinK♡が楽しみです☆

winK♡関係の記事

takahikonojima.hatenablog.jp

このブログを書いている人

takahikonojima.hatenablog.jp

*1:2年生と3年生は実習とか試験とかイロイロあって今回は最終ステージを1年生に完全に任せようってことになったそうです.

*2:昨年10月には1年生メンバーだけが出場するUNIDOL fresh (渋谷)ってのがあったのですが,交通渋滞に巻き込まれて間にあわず,コレはムービーで見ました.

*3:3年生はコレが最後のwinK♡活動,2年生の中にも学外イベント出場はコレが最後の活動となるメンバーがいます.