Life + Chemistry

化学の講義録+大学を楽しく面白い学びの場に変える試みの記録 (北里大学・野島 高彦)

スクリーン3枚使いたいんだ

f:id:takahikonojima:20170429141653j:plain*1

10年以上前のことなんですが(2005年夏),学際交流を目的とした宿泊セミナーに参加したことがあって,そこで情報工学に分類される何か(何だったか忘れた)の研究をやっている人から,この人の所属する研究領域での学会発表とかセミナーとかのスタイルについて話をきいて,それがとても面白かったので「これから先にみんながそういうことをやったら面白いだろうし楽しいだろうなー」って思ったことがあります.

スクリーンを3枚使い分ける

その人に教わったのは,次のようなやり方です.

  • スクリーンを3枚並べる
  • 真ん中がメインのスクリーンで,コレを使って演者が研究発表して行く
  • 研究発表中でも自由に質問してOKで,ソコから質疑応答が始まる
  • 質疑応答用に2枚目のスクリーンが設置されていて,ココには書画カメラ(OHPだったかも知れない)からの映像が投影され,演者は数式の変形とか略図とかを手書きしながら説明する
  • 3枚目のスクリーンはチャットのために用意されていて,聴衆はアイデアや感想や情報源URLを勝手に書き込んで行くし,ソレ見た演者も気まぐれでコメントしたり書き込んだりするし,さらにその場にいない人も書き込んで来る

っていうことができる設備を北里大学の中のどこかに作ってくれないだろうかって私は今も毎日願っているし,設備環境についてのリクエストが受け付けられるタイミングでは毎回毎回毎回コレを提案しているのですが,2017年の時点では実現していません.

それの発展形態を考えた

Twitterが普及し始めたときに考えたのは,スクリーン3枚目ではチャットじゃなくてSNSタイムラインを表示したらいいんじゃないかっていうことでした.

今だったらハッシュタグ決めて,講義後に拾い集めてTogetterにまとめて講義録にする,っていうのができるよね!

あとから関連情報を追記して行けば,エンドレスなデータベースができるし,とくに講義内容トピックへのリンク集として使えば,来年 再来年 そのまた次の年の資料集もできるし.

っていうことも考えて,一度,学内のエラい先生に提案してみたことがあるんですが,「?」でした.

ムリもない.

しかし,「私にはあなたの言ってることが何だかまったくわかりませんが,あなたにイロイロなアイデアがあるんだったら,あなたにできる範囲で好きにやるのが良かろう」みたいな返事を頂いたので,「じゃ,好きにやります☆」ってことで,ソコから発展してるものごとの一つが「私の講義では撮影録音SNS実況中継OK」です.

建学の精神の一つが「事を処してパイオニアたれ」だからね☆

「スクリーン+プロジェクタ」3セット設置してくれないかな.


おまけ

2014年夏からはオープンキャンパスのハッシュタグ #北里OC を大学として決めて,それを大学公式TwitterがTogetterにまとめるっていうのが始まりました.

オープンキャンパス期間中は学内のあちらこちらにTwitterタイムライン投影のプロジェクタを設置.


おまけ2

スクリーン2枚で,片方にLINEを表示,っていうスタイルの講義をやってる人が学外にいます.先を越された!!!!!

このブログを書いている人

www.tnojima.net