Life + Chemistry

化学の講義録+大学を楽しく面白い学びの場に変える試みの記録 (北里大学・野島 高彦)

ワカメちゃんが北里大学看護学部を卒業して北里大学病院勤務になるっていう噂の信憑性を考えてみた

f:id:takahikonojima:20141018175907j:plain*1
サザエさんの登場人物 ワカメちゃんが その後 「北里大学看護学部を卒業して北里大学病院勤務になる設定」っていう噂話がインターネットに流れています.ずーっと前からあちらこちらにコピペされています.たとえばココ↓

コレ,私が北里大学に来た2009年の段階ですでに出回っていた噂話なんですが,設定上,ムリがありませんか?

原作中での設定ではない

サザエさんの連載終了は1974年で,北里大学が看護学部をつくったのが1986年です.

仮に,原作の段階で登場人物について細かく設定されていたとしても,北里大学看護学部がソコに出て来るのはムリです.

だから原作中での設定ではありません.

連載終了後に後付けの設定で北里大学が出て来る可能

連載が終わってから作者が後付けで設定したイロイロの中に,登場人物の将来っていうのが含まれる可能性はあります.で,原作者の長谷川町子さんなんですが,1992年に亡くなっています.北里大学が看護学部の第一期生を受け入れてから6年後です.この6年間に設定を加えたのかなー,ムリじゃないかなー

高齢出産だったんですか?

ワカメちゃんが浪人することなく第一期生として北里大学看護学部に入学したと考えると,1986年4月入学なので,1967年度の生まれということになります.

1967年度に父親の波平さんは何才だったんでしょうか?

これとセットで出回っている情報では,波平さんは尋常小学校を卒業したことになっているので,尋常小学校が存在した最後の1年間である1940年度に最終学年6年生だったと仮定すると,1928年度の生まれです.ワカメちゃんが生まれたとき39才.不可能ではなさそう.

でも,出産するのは波平さんじゃなくて奥さんのフネさんなわけで,この夫婦,そんなに年齢が離れているようには見えないので,出産時に30代後半だったとして,1967年のモノサシで判断すると高齢出産になります.

フネさん,高齢出産だったの?

たぶんいちばん古い情報は2001年に誰かが思いつきで書いたもので根拠は無い

イロイロと探しみて,いちばん古い情報は 磯野カツオはどこの大学に進学するのか追求スレ です.

ワカメ かもめ第三小学校→区立中→都立高→北里大看護→白衣の天使

コレを見ると,イロイロな人々が好き勝手に登場人物にマッチしそうな経歴を書き込んでいるだけで,何らかの根拠があるわけではありません.青山学院になっていたり早稲田になっていたり.北里大学「も」出て来るという程度です.

「ワカメちゃんが北里大学看護学部に入学する設定になっている」っていうのは,21世紀の初めに誰かが思いつきで書いたことが,そのままコピペされ続けているものです.

引き続き情報求む

っていうあたりまでが2014年10月18日段階の私の結論なんですが,ワカメちゃん北里大学看護説には別の根拠が存在する可能性も否定できません.たとえば作者が亡くなった後にそういう設定のドラマが制作されたとか,原作やアニメの1シーンに北里大学在籍と見られる(誤解される?)描写があるとか.

っていうわけで,そのへんの情報をお持ちのかたがいらっしゃいましたらお知らせください.このページへの追記情報として紹介させて頂きます.

*1:2007年8月,長谷川町子美術館前で撮影.