読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life + Chemistry

化学の講義録+大学を楽しく面白い学びの場に変える試みの記録 (北里大学・野島 高彦)

海洋生命3年D組の新年会に行って2013年度の担任業務はコレでようやく完全に終了したっていう報告 #mbd2013

2013年度にクラス担任で受け持った海洋生命科学部D組の新年会に行ってきました.当時1年生だった彼らも間もなく3年生から4年生へっていう調子でボーイズ & ガールズからステキなレディース & ジェントルメンおいそこの男子,暴れてないで大人しくしろ

集まったのは18人.男子13人,女子5人.2013年4月の時点で出発32人で,途中で進路変更とか進級への階段踏み外しとかもいたことを考えると,出席率高めです.

場所は相模大野の「わん」でした.

今回の新年会はクラス委員の一人の はずむ くんが誘ってくれたのですが,3年前に受け持った彼らに会いたかったのはもちろんなのですが,その他に絶対に参加しなければならない理由がありました.

それは,1年間の担任業務のなかで,もっとも私を手こずらせてくれた人物,Tチバナくんに会うためです.

Tチバナくん,敢えて伏せ字にしておきますが,タCバナくん,またの名をタチBナくんとかタチバNくんと言う彼は,「悪いやつ」ではなく,1年生の前期はエンジョイ大学生活で楽しそうな毎日を送っていました.

しかし,夏休みが迫って来た頃から考えが変わり始めたようで,試験結果がちょいと悲惨な状況になり.

救済処置のアレコレも手続きをすっぽかしちゃって,

とりあえずD組のみんなに協力してもらって,Tチバナくんのクビ根っこを押さえてズルズル引きずってきてもらい,本人の意志を確認したところ,迷ってはいるものの進級は目指すと言っていたので,「じゃコレ書け」って言って例文を渡して直筆誓約書を書かせたのが9月の末日でした.

f:id:takahikonojima:20160211153231j:plain

この誓約書は,

  • 進級したら受け取りに来る
  • 不真面目生活に戻ったらSNSだのブログだので公開しまくられても拡大コピーを相模大野駅前に貼り出されても文句を言わない

という条件で書いて置いて行ったものです.

誓約書を置いて行ったTチバナくんは しばらくの間 まじめに勉学に取り組みました.

SNS時代なので状況報告がリアルタイムに私のところに伝わって来るわけです.

何かあると「手書き誓約書〜」って言われるので,朝の1限から登校しなければならなくなっちゃったし.

しかし,季節が秋から冬へと移り変わるにつれて彼の気持ちも変わり,

消息不明な日々がはじまり,

結局,彼はワンモア1年生として進級スゴロクをフリダシに戻したわけですが,大学生活を継続して行く熱意がなくなっちゃったみたいで,どこかのタイミングで退学した模様です.

人間関係のトラブルとか,大学とか学問とかに対する恨み辛み憎しみとかではなく,単に人生のコース変更をした,っていう調子だったようで,元クラスメートとも連絡を取りあっていた模様です.

っていうTチバナくんは仕事があったみたいで,19時スタートの新年会に45分くらい遅れて到着.さっそく私から誓約書を受け取り,

2年数ヶ月前の自分の字を見て,

「こんなの書いたの,忘れてましたよ!」

おい!

とりあえずスタンド・アップして,この誓約書を大きな声で朗読し,一同からの拍手を得て,その様子は私とかD組の他の人々とかもムービー撮影していて,そこに手を振る程度に余裕なTチバナくん.

このムービーは公開しないでおいてやろう.

というわけで,コレをもって2013年度海洋生命科学部1年D組の担任業務はすべて終了となりました.

なお,この記事も含めて,再度Tチバナくんには,一連の出来事のインターネットによる全世界への公開に関して許可を得ております.

19時から3時間コースで予約したお店では,お誕生日会が開かれたり,ビンゴゲームが始まったり,その1等の商品が150円の虫獲り網で「コレで内定を獲ってください☆」っていう幹事からのメッセージが添えられていたり,1等がソレなのに2等が3000円のマクドナルドの商品券で,コレはビンゴした人を見て商品を決めてるだろうっていう

f:id:takahikonojima:20160211153318j:plain

そんな調子で「あとは若い者で好きにやるのが良かろう」って言って私は2時間くらいで帰ってきたわけですが,なんだかんだで彼らとはこれからも来年3月の卒業式までイロイロありそうです.

f:id:takahikonojima:20160213150544j:plain
↑チョコレートもらいました

関連ネタ

takahikonojima.hatenablog.jp

このブログを書いている人

takahikonojima.hatenablog.jp