読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life + Chemistry

化学の講義録+大学を楽しく面白い学びの場に変える試みの記録 (北里大学・野島 高彦)

高校の化学の教科書に出てくるベンゼン環の描き方

今週の化学の講義(医療工学科と看護学科)では「ベンゼン環を含む有機化合物」を扱うのですが,毎年受ける質問の一つがコレです.

f:id:takahikonojima:20151116163958j:plain

ケクレ構造式でベンゼン環を描くとき,「二重結合はすべて六角形のリングに内接させなければならない」という指導を高校時代に受けたという学生が年に1人はいるのです*1

結論から言うと,右側の描き方が正しい,ということはありません

左側の描き方を×にしたら,その採点が間違っています

●根拠その1

大学入試センター試験平成27年度「新理科2」の「化学」本試験問題では,ベンゼン環の表記が以下のようになっています.

f:id:takahikonojima:20151116134148p:plain

センター試験で用いられている方法が高校理科の範囲で間違い,なんていうことはないでしょう?

●根拠その2

いまの高校化学で使われている教科書では,どちらも使われています.

f:id:takahikonojima:20151116134735j:plain

私,大学1年生の自然科学教育をメイン業務とする部署に勤めていて,高校化学リメディアルも担当しているため,高校化学の教科書も何冊か手元にあるのです.

調べたのは以下の5社の「化学」です.出版社名の五十音順.今年(2015年)春に高校を卒業して大学1年生になった世代が高校時代に使っていた教科書です.

  • 啓林館
  • 実教出版
  • 数研出版
  • 第一学習社
  • 東京書籍

その結果はこうでした.

f:id:takahikonojima:20151116134157p:plain

というわけで,どっちの描き方が「正しい」っていうことはなくて,ベンゼン環だっていうことが分かればOK.

こういうのは化学の本質じゃないから気にしなくていいよ☆

●タイムライン上のみなさまの反応(追記:2015-11-20)

(1)くっつけるよう指導された


(2)くっつけてはいけないと教わった

(3)六角形の中に○が認められなかった

●別の問題が出てきたのでコレも別に考えてまとめます(追記:2015-11-19)

●Togetterにまとめができてました(追記:2015-11-18)

togetter.com

*1:履修登録者は2コースあわせて例年150人前後.出席率はこの時期アレになりがちなので半分くらい.