読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life + Chemistry

化学の講義録+大学を楽しく面白い学びの場に変える試みの記録 (北里大学・野島 高彦)

看護学科の化学講義(25)ベンゼン環を含む有機化合物

f:id:takahikonojima:20131122175112p:plain

キーワード

m-配向性,o-,p-配向性,アセチル基,アミド基,アミノ基,エチル基,置換基効果,転位,ニトロ基,ニトロ化,配向性

今回でてきた有機化合物で,構造と名前を覚えておかなければならないもの(すでに登場したものも含む)

p-キシレン,p-クレゾール,アセチルサリチル酸,アセトアニリド,アセトン,アニリン,安息香酸,エチルベンゼン,エチレン,エチレングリコール,クメン,クロロベンゼン,サリチル酸,サリチル酸メチル,スチレン,テレフタル酸,トルエン,ニトロベンゼン,フェノール,プロピレン,ベンゼン,ポリエチレンテレフタラート(PET),ポリスチレン(PS),ホルムアルデヒド.

講義内容要約

  • 医薬品,体内,日常生活用品のあちらこちらに組み込まれているベンゼン環
  • ベンゼン分子の構造
  • ベンゼン分子の置換反応と配向性
  • 薬品の合成ルートを決めるときの考え方

事前配布資料

前々回の講義終了時に予習用の資料を配付しました.コレがテキストになってます.

出席者の声:みんなはこういうことを考えている/感じている/知りたいと思っている

  • むずかしいけどこの分野好きです
  • 置換基交換の話は初めてききました
  • 無気力・・・.やらねばと思いつつやれない・・・.
  • 今日はちゃんとノートとったら,ちょっぴりわかるようになりました◎
  • 高校でやったことなのでなつかしいなと思いましたがほとんど忘れてました(笑)

f:id:takahikonojima:20151120155302p:plain
f:id:takahikonojima:20151120155308p:plain

出席者数推移

(1)51→(2)58→(3)56→(4)56→(5)55→(6)55→(7)51→
(8)54→(9)54→(10)57→(11)51→(12)54→(13)54→(14)49→
(16)48→(17)38→(18)41→(19)40→(20)38→(21)41→(22)40→
(23)30→(24)32→(25)37

次回予告と予習内容

窒素を含む有機化合物について学びます.配布物(先週配布ずみ)を読み問題を解いて予習して来ること.

補講(繰り上げ講義1回分)

有機化学のSNS/web連動企画

参考書籍

有機電子論解説―有機化学の基礎

有機電子論解説―有機化学の基礎

マクマリー有機化学(中)

マクマリー有機化学(中)

  • 作者: John McMurry,伊東二,児玉三明,荻野敏夫,深澤義正,通元夫
  • 出版社/メーカー: 東京化学同人
  • 発売日: 2013/02/12
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
図解でわかる 有機化学のしくみ

図解でわかる 有機化学のしくみ