読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life + Chemistry

化学の講義録+大学を楽しく面白い学びの場に変える試みの記録 (北里大学・野島 高彦)

医療工学科の化学講義(18)酸と塩基

f:id:takahikonojima:20150930175137j:plain
*1

キーワード

pKa,塩,塩基,価数,緩衝作用,強塩基,強酸,酸,酸解離定数,弱塩基,弱酸,中和,中和滴定,電離度,水のイオン積

講義内容要約

  • H+を与えるのが酸で,受け取るのが塩基
  • 酸および塩基の価数と強弱
  • 電離度αと酸解離定数KaとpKa
  • 水のイオン積Kw = [H+][OH-] = 1.0×10-14 mol2 L-2 (25 ℃)
  • 中和反応と滴定

該当する教科書のページ

第14章「酸および塩基とpH」の161ページから166ページあたりまで.

はじめて学ぶ化学

はじめて学ぶ化学

出席者の声:みんなはこういうことを考えている/感じている/知りたいと思っている

今日はとても素敵な秋の空でしたね.先生そう思いませんか?

思います.

  • 秋の空になった.風邪ひいた.プリン食べたい.お父さんのごはん食べたい.会いたい.

ホームシック

  • あつい

知らぬ.

出席者数推移

(1)92→(2)94→(3)97→(4)93→(5)89→(6)77→(7)73→
(8)78→(9)78→(10)75→(11)68→(12)75→(13)75→(14)83→
(16)72→(17)58→(18)64

次回予告と予習内容

「(19)pHと緩衝溶液」を学びます.本日の配布物を自習してくること.