読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life + Chemistry

化学の講義録+大学を楽しく面白い学びの場に変える試みの記録 (北里大学・野島 高彦)

看護学部2014年度後期試験問題と解答

2015年1月9日(金)の4限に行われた看護学部対象「化学」後期試験の問題と解答を公開します.

[1]〜[8]の中から,5問を選んで解答用紙に解答せよ.いずれも20点の配点である.5問を超えて解答した場合,正答していれば通年成績に加算する.

[1] 以下の有機化合物(1)〜(28)の中から,石油化学基礎製品をすべて選び,番号とそれぞれの名称を答えよ.解答欄を全て使うとは限らない.
f:id:takahikonojima:20150111112120p:plain

(5) エチレン (エテンも可),(6) プロピレン (プロペンも可),(8) 1,3-ブタジエン (ブタジエンも可),(17) ベンゼン,(18) トルエン,(21) o-キシレン (オルトキシレンも可),(22) m-キシレン (メタキシレンも可),(23) p-キシレン (パラキシレンも可)

[2] 次のポリマー(1)〜(3)を合成する際に原料となるモノマーの名称構造式すべて記せ.
(1) 6-ナイロン
(2) ポリアクリロニトリル
(3) ポリエチレンテレフタラート

(1) ε-カプロラクタム (カプロラクタムも可),(2) アクリロニトリル,(3) エチレングリコール (1.2-エタンジオールも可),テレフタル酸
構造式は省略.

[3] 以下の有機化学反応(1)〜(4)において生成する化合物の名称構造式すべて記せ.反応は完全に進行するものとする.
(1) アセトンを還元 →
(2) アクリロニトリルを付加重合 →
(3) メタノールとサリチル酸を脱水縮合 →
(4) 酢酸エチル + アンモニア →

(1) 2-プロパノール (イソプロピルアルコールも可),(2) ポリアクリロニトリル,(3) サリチル酸メチル,(4) アセトアミド,エタノール(エチルアルコールも可)
構造式は省略.

[4] ヨウ素-123は医療診断に用いられるラジオアイソトープであり,その半減期は13.3時間である.10.0 gのヨウ素-123が4半減期後に何mgになるか計算せよ.有効数字は3桁である.

625 mg.教科書p181例題15.4と同一問題.

[5] ブドウ糖1.80 gを水に溶かして100 mLとした水溶液は何Paの浸透圧を示すか.ブドウ糖のモル質量は180 g mol-1,気体定数はR = 8.31×103 L Pa K-1 mol-1,温度は25 °C = 298 Kとせよ.有効数字は3桁である.

2.48×105 Pa.第17回確認問題解答に併記した「関連問題」と同一問題.