Life + Chemistry

化学の講義録+大学を楽しく面白い学びの場に変える試みの記録 (北里大学・野島 高彦)

医療工学科の化学講義(26)窒素を含む有機化合物

f:id:takahikonojima:20131127155035p:plain

キーワード

アミド,アミド結合,アミン,第一級アミン,第三級アミン,第二級アミン,第四級アンモニウム,ニトリル,ニトロ化合物,ペプチド結合,ポリアミド

今回でてきた有機化合物で,構造と名前を覚えておかなければならないもの(すでに登場したものも含む)

アクリロニトリル,アセトアミド,アセトアニリド,アセトニトリル,アニリン,アミノ酸,エチルアミン,酢酸,酢酸エチル,ジエチルアミン,蛋白質,テトラエチルアンモニウム塩,トリエチルアミン,2,4,6-トリニトロトルエン(TNT),ニトログリセリン,尿素,ポリアクリロニトリル,ホルムアミド,無水酢酸

講義内容要約

  • 窒素を含む有機化合物の構造パターンはイロイロあってぜんぶ紹介すると大変だから,アミン,アミド,ニトリル,ニトロ化合物,に絞った.
  • アンモニア分子のHを1個置換したのが第一級アミン,2個置換したのが第二級アミン,3個置換したのが第三級アミン,さらにもう1個配位結合させたのが第四級アンモニウム.
  • アミンは弱い塩基.NがH+を配位結合するのにともなってOH-が生じるから.Nに結合した置換基の数と構造によって塩基としての強さが変わる.
  • アミンはN原子の不対電子対で水素結合する.コレはDNA二重らせんとか,生体高分子どうしの相互作用だとかの基礎になっている.
  • アミンは酸と反応して塩をつくる.アミン性の医薬品に水溶性をもたせるために,酸との塩にする方法がとられている.
  • エステルまたは酸無水物とアミンまたはアンモニアを反応させるとアミドが得られる.
  • たんぱく質はアミノ酸をモノマーとするポリアミドで,立体構造にもとづく機能をもつ.
  • ニトロ基をもつ有機化合物には爆発性のものが多い.

関連トピック

水素結合と生命現象

DNAの複製反応を例として紹介しました.

瞬間接着剤の化学

どのようなしくみで固まるのかを説明しました.

確認テスト

  • ペプチドの加水分解に関する基本問題

コメント

●瞬間接着剤って空気中の水分子で反応するんですね.ってことはもし全く水分子がなければ使えないということですね.

そうです.

●授業のはじめに流した二重らせんの動画とこでみられますか?

上に埋め込んでおきました.

●接着剤が手術に使われている事をはじめて知りました.
●高校のときの化学の先生が心臓に病気をもっていて,授業中に「コレ爆薬だぜヒヒヒ」って言ってニトログリセリンを見せていたのを思い出しました.
●有機化合物ってすばらしい
●絶対に諦めない
●分かりません

●やきいも参加します
●やきいも参加したいです

出席者数推移

(1)89→(2)88→(3)88→(4)86→(5)79→(6)82→(7)78→(8)77→(9)74→(10)72→
(11)61→(12)75→(13)72→(14)67→(16)59→(17)59→(18)50→(19)53→(20)57→
(21)60→(22)42→(23)44→(24)51→(25)47→(26)45

次回予告と予習内容

「(27)ポリマーの化学」をやります.配布物で予習してくること.

これまでの講義録

このブログを書いている人

講義1回目から20回目までの内容を収めた教科書

はじめて学ぶ化学

はじめて学ぶ化学

参考書籍

有機電子論解説―有機化学の基礎

有機電子論解説―有機化学の基礎

マクマリー有機化学〈下〉

マクマリー有機化学〈下〉

  • 作者: マクマリー,John McMurry,伊東椒,児玉三明,荻野敏夫,深澤義正,通元夫
  • 出版社/メーカー: 東京化学同人
  • 発売日: 2013/03
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
図解でわかる 有機化学のしくみ

図解でわかる 有機化学のしくみ