読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life + Chemistry

化学の講義録+大学を楽しく面白い学びの場に変える試みの記録 (北里大学・野島 高彦)

7年後はどうなっているだろう? 東京五輪開催の2020年

雑記

f:id:takahikonojima:20130908103232p:plain

2020年のオリンピックが東京で開催されることになり,さっそくタイムラインにもオリンピック関連の話題が流れてくるようになりました.在学生の声のなかで目立ったのは,7年後の自分はどうなっているだろうか,というものです.

f:id:takahikonojima:20130908103335p:plain
f:id:takahikonojima:20130908103341p:plain
f:id:takahikonojima:20130908103347p:plain

こういうとき,未来の世の中や自分がどうなっているのだろうか,と考える機会ができます.大学生の場合,いま1年生でも留年や休学や退学をしなければ大学を卒業しているわけですが,そのときの自分がどこで何をやってるのかは,ほとんどの場合わかんないわけです.

そんなことを考えると不安になるかもしれませんが,「未来が見通せないから生じる学生時代の不安」というものも,その年齢でしか体験できない感覚の一つです.不安を抱いていても未来はやってきます.7年後,2013年の自分を振り返ったときに,もしかしたらこの不安感を思い出して懐かしく感じるかもしれません.

みなさまが7年後にハッピーな日々を送っていますように☆