読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life + Chemistry

化学の講義録+大学を楽しく面白い学びの場に変える試みの記録 (北里大学・野島 高彦)

大学基礎演習B(13)30秒トーク+調査レポート提出

大学基礎演習2013

f:id:takahikonojima:20130715214257j:plain

[演習]30秒トーク

自分で選んだテーマについて調査レポートを書いて来ることが本日までの課題でした.そのレポートでテーマとなっている物事について,30秒間の持ち時間で自由に話すのが今回の演習です.レポートのテーマを一部変更した学生もいて,最終的に以下のようなテーマに収まりました*1.50音順で紹介.

  • 8月5日は・・・タクシーの日!!
  • LINEこの先は
  • MineCraftについて
  • PSPについて
  • The Walt Disney Company
  • Twitterについて
  • 意外と知らないゆるキャラについて
  • イヤホンについて
  • コピー機について
  • コンタクトレンズ
  • 蛇口について
  • シャープペンシルについて
  • 食品表示について
  • 水筒について
  • スタジオジブリについて
  • セラピードッグ
  • 地下鉄について
  • 低速圧縮ジューサー
  • 歯ブラシの歴史とその10年後
  • 複合機について
  • まかいの牧場について
  • マクドナルド
  • モンゴルに見る馬の有用性
  • ゆるキャラ
  • 緑茶について

30秒トークのパターンがいくつかあったので,ここで振り返っておきましょう.異なるパターンで構成しなおしてみるのもおすすめです.重要なのは,最初の一言をどうするか? です.

何について話すのかを最初に言っておく
「○○について話します」から始めるパターン.興味を持ってる人には熱心に,そうでもない人にはそれなりに聞いてもらえます.興味の無い人は耳を傾けないでしょう. 何の話なのか最初にわかるので,安心して聞くことができます.
みんながそれなりに知っているものごとについて,みんなが知らない点を紹介する
「○○が最初に登場したのは500年も昔のことだったんです」みたいなパターン.「へぇ〜,そうだったんだ!」と思わせて話に引きずり込みます.「だから何?」って思われない情報を選ぶのがポイント.
みんなが考えているのとは異なる事例を紹介する
「○○には△△が使われていますが,実は,◇◇の方が広く使われているんです」みたいなパターン.△△についてみんなが知っていることが前提.
質問から始めるパターン
「みなさんは○○を使ってみたことがありますか?」みたいなパターン.YesかNoかで答えさせる質問にすること.WhatとかHowだと答えが見つからなくて空気が凍る場合あり.

こんな感じで,25名それぞれが工夫したトークを披露してくれました.

[解説]事実と考えとを混ぜてはいけない

30秒トークが続くとキツいので,全体を3分割して,途中でものごとの考え方についての解説を2件入れました.最初の解説はコレです.
レポートを書くときにも,何かを主張するときにも,「事実」と「意見」をごちゃ混ぜにして論理展開してしまうことがあります.また,故意に両者を混ぜて自分に都合の良い結論に導き出す困ったヒトもいます(悪徳商法の多く).そこで,「事実と意見」について考えてみました.
まず,次の文章を読んでみましょう.

近頃の学生は整った文章を書く能力がないという声をよく聞くが,私はこれは主に理科系の学生に関していわれていることだと思う.理科系の学生がきちんとした文章を書けないことにふしぎはない.彼らの本領は文学ではないからである.

木下是雄,理科系の作文技術,p111より引用

なんとなくヘンな感じがするものの,よく読まないとどこがヘンなのかが気づきにくい文章です.この文章の問題点は,

近頃の学生は整った文章を書く能力がない

という記述は「事実」ではなくて「判断」なのに,これを事実として

理科系の学生がきちんとした文章を書けないこと

に接続してしまっているところにあります.レポートを執筆するとき,この手のミスを犯さぬよう注意を払いましょう.また,この手のおかしな論理展開にひっかからないよう注意して文章を読みましょう.

理科系の作文技術 (中公新書 (624))

理科系の作文技術 (中公新書 (624))

[解説]議論と討論と口論

「議論」と「討論」と「口論」の区別が付いていない人は珍しくありません.区別がつかないために不要な争いや混乱が生じている場合もあります.これらがどのように違うのかを確認しておきましょう.
「議論」は,異なった結論を持つ者どうしが,互いに納得(妥協)できる結論を探して行く行為です.互いに譲り合って意見を調整し,一つの結論を目指します.
「討論」では,一つの意見への収束は目指しません.異なる意見を持つものがそれぞれの意見を紹介しますが,それらの意見に基づいて決断を下すのは,第三者です.
「口論」は単なるケンカですね.結論を目指すわけでもなく,決断を第三者に下してもらうわけでもない,不毛な行為です.

議論のルールブック (新潮新書)

議論のルールブック (新潮新書)

次回の予定

今回提出してもらったレポートにはすべてコメントを赤ペンで記入して返却します.
第1回目から学んできた内容を振り返り,これから先の大学生活,そして人生にどのように役立てていくのか,確認します.

*1:3名欠席のため25件挙げています.