Life + Chemistry

化学の講義録+大学を楽しく面白い学びの場に変える試みの記録 (北里大学・野島 高彦)

看護学科の化学講義(16)水と溶液の化学

水は私たちにとってもっとも身近な化合物です.私たちの体重の7割は水の重さです.水の特徴の一つとして,さまざまな物を「溶かす」ことが挙げられます.「溶けるとはどういうことなのか」,「何かが溶けると水の性質はどのように変わるのか」を理解することが今回のテーマでした.

f:id:hrmoon:20120918155831p:image

後期最初の化学講義.前期試験の問題と解答を配布してからスタート.履修者38名中,35名出席.出席率92 %.

キーワード

イオン化,イオン反応式,凝固点降下,凝固点降下度,強電解質,結晶化,結晶水,再結晶,結石,弱電解質,蒸気圧降下,水和,水和水,水和物,束一性,沈殿,電解質,電離,非電解質,沸点上昇,沸点上昇度,不凍液,飽和濃度,無水物,溶解,溶解度.

講義内容要約

  • 食塩が水に溶けるときはNa+とCl-にイオン化し,それぞれが水分子に取り囲まれる.水中でイオン化する溶質は電解質.
  • 砂糖が水に溶けるときは砂糖分子が水分子に取り囲まれる.水中でイオン化しない溶質は非電解質.
  • ほぼ完全に電離するのが強電解質,部分的に電離するのが弱電離質,電離しないのが非電解質.
  • 似たものどうしはよく溶ける.
  • 100 gの溶媒に溶ける溶質の量をグラムであらわしたときの数値部分が溶解度.
  • 溶解度には温度依存性があり,それを利用すると再結晶による精製ができる.
  • 水和した水分子が結晶の中に含まれているのが結晶水で,結晶水を含む結晶が水和物,含まなければ無水物.
  • 電解質を混ぜてイオンどうしをシャッフルして水に溶けない組み合わせが一つでもできれば沈殿が生じる.
  • 何が溶けているか,ではなくて,粒子が何コ溶けているか,で決まる性質が束一性.蒸気圧効果,沸点上昇,凝固点降下,などなど.

教科書の範囲

第12章,137ページから148ページ

はじめて学ぶ化学

はじめて学ぶ化学

 

関連トピック

  • 尿道結石
  • キッチンで食塩の結晶をつくる

計算問題

コメント

●前期の内容もちゃんとおぼえなきゃなーと思いました! ●溶けるのか溶けないのかを理解すると看護にとっても役立ちそうなのでがんばります.●前期のテストはんい忘れてる・・・.●前期のテストの点は聞けば教えてくれますか?●後期もよろしくお願いします.●岩塩おいしいですよね! 肉にかけたおです.お腹すいたです.●結晶きれいですね.作ってみたいかも・・・.夏休み中特にやってなかったので計算忘れてました.●久しぶりの計算問題にとまどいました・・・.●後期がんばります! ●後期は有機などの苦手な分野なので頑張りたいです.●後期もお願いします.●ねむい.●ダメだ・・・夏休みをはさんで完全に頭がoffモードになってます.切りかえなければいけないですね.●受験で水溶液の沈殿の組み合わせをひたすら覚えたのを思い出しました.岩塩を作る実験,やってみたくなりました.次回もよろしくお願いします.●OK!!●計算が久々でグチャグチャになりました.後期もがんばります.●計算がすっと解けない.もっと練習したい.●後期もよろしくお願いします! ●後期も気を抜かず勉強頑張っていきたいです.とても分かりやすかったです.●計算ミスに注意したい.●後期もよろしくお願いします!

次回予告

「(17)透析と浸透圧」を学びます.教科書第13章を予習してくること.

前回までの講義録