読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life + Chemistry

化学の講義録+大学を楽しく面白い学びの場に変える試みの記録 (北里大学・野島 高彦)

(8)実験実習科目を攻略する(2)

大学基礎演習2012

f:id:hrmoon:20120608175328j:image

グループワーク:実験手順書の更新

実験に取り組む前には,予習の一環として,実験手順書を書いてくることが効果的です.というわけで,先週の終わりに実験手順書作成作業に取りかかり,それを充実させることをホームワークにしました.さらにその内容を本日最初のグループワークで補完しました.「コレさえあれば実験操作に入っても大丈夫!」という状態.

グループワーク:ペーパークロマトグラフィーを用いたカラーペン色素の分離

実験の詳細は手順書を参照.

エタノールまたは水を使ってペンのインクを分離する簡単な実験です.すぐに終わる実験ですが,セッティングにアレコレと時間がかかるものです.ろ紙の上をインクが分離しながら移動して行く様子は,何度みても面白いものです.なんだかんだで全ての班が,ペンを変えて2回,3回と実験を続けました.

実験をやりながら,記録をとりました.実験ノートのかわりに記録用紙を配布しました.

グループワーク:実験記録のてらしあわせ

グループ内で実験記録を照らし合わせ,レポートを書くために必要な情報を補足しあいました.

続いて各グループから1点ずつ実験記録を選んでもらい,書画カメラでスクリーンに投影しながら説明してもらいました.そこにみられる工夫点や興味深い点について私からコメントして行きました.

課題の説明

今回の実験をレポートにまとめてきてもらいます.レポート記載事項は以下のとおり.

これまでの授業記録