Life + Chemistry

化学の講義録+大学を楽しく面白い学びの場に変える試みの記録 (北里大学・野島 高彦)

台風15号の接近で休講になるか/ならないか

台風15号が明日(9月21日・水)本州に上陸し,関東地方を縦断する可能性が高まっています.

f:id:hrmoon:20110920230822j:image

↑気象庁サイトより.22:30の衛星画像.

こういうときに気になるのが,明日の授業が休講になるか/ならないか,です.2年前の10月8日,台風8号が来たときには,午前中の授業を休講としたことがありました.

このときには朝7時頃に大学ウェブサイトおよび学生メールで休講通知が伝えられました.

今回の台風でも,交通機関が機能停止したり,安全な登校が困難な状況になった場合には,キャンパス全体で休講となる可能性があります.その場合,大学公式ウェブサイトにて休講のお知らせがあるかもしれませんので,登校する前に要チェック!

なお,休講になった場合には必ず補講が行われます.前期も後期も「講義回数+試験」で15回(以上)の授業を実施する決まりになっているのです.そして,補講日時は時間割の空きと教室の空きによって決まります.そのため,たとえば土曜日の朝とか,平日の6限とか,試験期間直前だとかに補講がセッティングされる可能性もあります.台風で休講となると,いろいろと面倒なことになるかもしれません.