読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life + Chemistry

化学の講義録+大学を楽しく面白い学びの場に変える試みの記録 (北里大学・野島 高彦)

小学校で理科実験2011・その後

f:id:hrmoon:20110304154334j:image

1月20日に,公立小学校6年生に理科の授業を行いました.

このときに出席した2クラスの児童が書いてくれた感想文と,授業の写真を収めたCDをいただきました.

どうもありがとうございます.

さっそく感想文を見てみると,「理科はあまり好きではなかったけれども,実験をみて興味をもつようになりました」とか,「もっと科学のことを調べてみたくなりました」といった声が.

「将来の夢は科学者になることなので,がんばります」なんていう声もありました.

今回で5回目の演示実験+化学の授業でしたが,毎年新しい発見と喜びのある時間です.

関連記事

おまけ

専門家の仕事のひとつに,自分の専門を専門外の人々に理解してもらう,というものがあります.小学校での理科授業はそのためにも良い機会と考えてとりくんできました.一学年2クラスの小さな小学校なので,毎年の卒業生は70人ほどです.それでもこの5年間で350人ほどが私の実験+授業を受けて卒業しています.そこから自然科学への理解がちょっとずつ広がってくれれば何よりです.