Life + Chemistry

化学の講義録+大学を楽しく面白い学びの場に変える試みの記録 (北里大学・野島 高彦)

考え方

2018年の過ごし方:テーマをもった毎日の365日積み重ね

2018年は「テーマをもった毎日の365日積み重ね」で生きてみることにしました.

2017年の過ごし方:プラス5 %のもうちょっと

2017年が始まりました.今年の私のテーマは「プラス5 %」です.何かやるときには必ず「ここまでにしておこう」という場面に到達しますが,ここで「もうちょっと進んでみよう」って考えるのです.「もうちょっと」が「5 %くらい」です.1割だとキツそうだし,…

2016年の過ごし方:別解を探す366日

2016年が始まりました.4年前,2012年の元旦,今後の人生の判断基準として「それは未来の社会を建設することに貢献するか?」を採用して4年が過ぎました.2014年はここに「常に最善の選択肢を選んで前進して行く」を加え,さらに2015年はここに「選択肢の中か…

未来を建設するために行動できるのは「今」だけ:2014年度卒業のみなさまへのメッセージ

振り返ると常にこう考えて生きてきた.うまく行かない時期も,ちょっと待てばこの考えを送る日々になると考えてきた.そして,実際に うまくやってきた.『大学時代はステキだった.でも,今のほうがもっとステキだし,これから先,もっともっとステキな何か…

2015年の過ごし方:最も刺激的な選択肢を選択して前進して行く

2015年が始まりました.2012年の元旦に,今後の人生の判断基準として「それは未来の社会を建設することに貢献するか?」という考え方をすることに決めて3年間を過ごしてきました.昨年はここに,「常に最善の選択肢を選んで前進して行く」方針を加えて365日を…

未来をポジティブに捉えることができることの一つの根拠になっている青色発光ダイオード

*1 ルビーみたいに赤く光る小さな物体 小学校4年か5年のとき,担任の先生が理科の時間に「最近はこういうものもある」ということで「発光ダイオード(LED)」を見せてくれました.電池に接続するとルビーみたいに赤く光る小さな粒で,足が2本生えていて,プラ…

この一日は,これから先に二度とやって来ることのない,一日だけの特別なもの

愛している人々には愛しているって,伝えよう. 愛している愛している愛している愛している愛している愛している愛している愛している愛している愛している愛している愛している愛している愛している愛している! 今伝えなかったら,永遠に伝えられないかもし…

46才になりました:宝探しの毎日にするよ!

*1 46才になりました.E-mailとかTwitterとかLINEとかfacebookとかでお祝いのメッセージを下さったみなさま,ありがとうございました*2.みなさまの健康とハッピーな未来をお祈りいたします.日常生活における基本的なノリは小学生の頃から変わっていなくて…

2014年の過ごし方:常に最善の選択肢を選んで前進して行く

2014年が始まりました.今年1年間,次から次へと飛び込んでくる様々な物事に対して,常に最善の選択肢を選んで前進して行く,というやり方で行きます.何かを狙ってエネルギーを集中させるとか,何かターゲットを定めて狙い撃ちするとか,そういうやり方とは…

45才になりました・ララララLife goes on

北里つながろうプロジェクト幹部の2年生が「学ホ*1にカモン」っていう感じに*2ツイートしていたので行ってみたら,不二家*3でバースデーケーキを買ってきてくれていて,誕生日をお祝いしてくれました.つながろうプロジェクトの相談をやるもんだと思っていた…

100才まで生きようプロジェクト!

突然ですが100才まで生きることに決めました.「100才まで生きようプロジェクト」! なんでそんなことを考えたのか 未来の社会づくりにプラスできる何かを残そう,って思って化学講義を組み立てたり,初心者にもわかる化学の教科書を書いたり,学生といっしょ…

2013年の過ごし方:目標は設定しない

新しい1年間が始まりました. この1年間は,何かを成し遂げようとか,何かターゲットを定めて狙い撃ちしようとか,そういうことを考えずに過ごすことに決めました.具体的な目標を設定しない1年間.なんで設定しないのかというと,一年を通じて予想していな…

学生から学ぶこと

大学は学生が教員から一方的に学問を教わる場所,というわけではありません.専門分野の考え方と知識は教員から学生が学ぶものですが,それと同時に教員も学生から多くのことを学んでいます.ときどき,そっちの方が多いんじゃないかと思うことがあります. …